人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年11月2日

久保建英、初の出番なしを紐解く

サッカーニュース by J SPORTS 編集部
  • Line
久保建英

現地時間10月31日、ミッドウィーク開催のラ・リーガ、マジョルカはホームにオサスナを迎え撃った。試合は前半20分にダニ・ロドリゲスがエリア内で倒され、PK獲得。これをラゴ・ジュニオールが決め、マジョルカが先制。しかし後半24分、オサスナに追いつかれる。それでもその4分後、エリア内ハンドで再びPKを獲得し、サルバ・セビージャが落ち着いて決め、オサスナを引き離す。しかし終盤の後半32分にクロスからルベン・ガルシアに頭で決められ、再び同点。このまま試合は終了し、マジョルカはホームでは負けに等しい引き分けとなっている。久保は移籍後初となる“出番なし”となった。

試合後ビセンテ・モレーノ監督は、「今季最高レベルのインテンシティの高いゲームだった。3枚の交代枠を使ったが、体力で巻き返せるはずのものが、むしろ劣っているようだったね。ラゴに代えたサリビュールはいくつかの役割を分担してくれるはずだったが、結果的にそれを果たしてくれなかった。私たちはバルサでもレアル・マドリードでもない。出場時間はプレゼントしないし、この試合のベストメンバーを選考している。シーズン終了まで高い質でそれらの役割を果たしてくれる選手たちが必要だ」と終盤に取られた同点弾とその戦いかたに納得していない様子。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ