人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年11月1日

【ハイライト動画あり】メキシコvs.イタリア、両GKのビッグセーブ合戦は土壇場で劇的決着。FIFA U-17ワールドカップ

サッカーニュース by J SPORTS 編集部
  • Line

連日若獅子たちが火花を散らすFIFA U-17ワールドカップはこの日、ブラジリアでのナイトゲームで、2005年の初優勝以降、ベスト4の常連となったメキシコと、勝利でグループリーグ突破が決まるイタリアが対戦。

イタリアが終了間際の勝ち越しゴールで好ゲームを制し、グループリーグ突破を決めた。

前半序盤は少し緩めに入ったメキシコに対し、高い位置で積極的にプレスをかけるイタリアが押し気味に試合を進め、何度か決定機を作る展開に。

しかし、メキシコはGKガルシアがビッグセーブを連発して序盤のピンチを乗り切ると、その後は一進一退の攻防となり、両チームともに得点の気配を感じさせながら試合を進める。

メキシコはこの後も守護神ガルシアによる2度のビッグセーブでピンチを切り抜けると、36分にFKの競り合いからPKを獲得。しかし、今度はイタリアの守護神モッラがこのPKを止めるビッグセーブを見せる。

モッラは前半終了間際にもビッグセーブで失点を防ぎ、両守護神の活躍の目立った前半はその内容が反映され、スコアレスのまま終了の笛を迎えた。

後半に入っても両GKによる見せ場の応酬は続き、モッラが52分に鋭いFKを止めると、55分にはガルシアもCKからゴール隅へ飛んだディングシュートを水際で弾き返す。

その後、試合は前半と比べややオープンな展開となるなか、遂に74分に動きが出る。

イタリアはハーフウェイライン付近でボールを奪取すると、素早くカウンターに転じ、FWニョントがドリブルで持ち込むと、ニアサイドを抜く鋭いシュートでネットを揺らす。

一方、メキシコはロスタイムにFWアルバレスがエリア内での個人技から狙い澄ましたシュートでサイドネットを揺らして試合を振り出しに戻す。

これで試合終了かと思われたが、ロスタイム4分にイタリアはスローインの流れから中央で受けたMFウドジェがゴールを決め、土壇場で勝ち越す勝負強さで勝ち点3を奪取した。

◆グループF 順位表
1位 イタリア:勝ち点6
2位 パラグアイ:4
3位 メキシコ:1
4位 ソロモン諸島:0

FIFA U-17ワールドカップ ブラジル2019

【ハイライト動画】グループF メキシコ vs. イタリア

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ