人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年10月25日

上位進出を目指す日本、「将来の代表候補」に注目。FIFA U-17ワールドカップ

サッカーニュース by 大島 和人
  • Line
U-17ワールドカップ 日本代表

FIFA U-17ワールドカップが現地10月26日(日本時間27日早朝)にブラジルで開幕する。

出場は24カ国。アジアからの参加が日本、タジキスタン、オーストラリア、韓国の4チームとなっている。日本は昨年にマレーシアで開催されたAFC U-16選手権を制し、この年代のアジア王者として「世界」の出場権を得た。

出場資格を持つのは「2002年1月1日以降」に生まれた選手。チームには高校3年生の早生まれ、高校2年生、高校1年生が含まれている。2001年6月生まれの久保建英(マジョルカ)から見て「弟」の世代だが、同学年の選手もいる。

西川潤は昨年のAFC選手権でMVPに輝いた日本のエースだ。2002年2月生まれで、桐光学園高校の3年生。今年5月には飛び級でU-20世界選手権の代表に選出され、既に上の世代の世界大会を経験している。

国内外のクラブが獲得に動いており、今年3月と少し早いタイミングでセレッソ大阪への加入が内定。既に特別指定選手としてトップでのプレーも経験している。

彼を一言で説明するなら技巧派レフティー。180センチとサイズもあるが、狭いスペースを苦にせず、スムーズに相手の逆を取れる。得点とチャンスメイクの両面に期待できて、攻撃的MFでもプレー可能だが、このチームではおそらくFWを任される。

横浜F・マリノスジュニアユース時代は2年生から主力としてプレーしていたが、兄・公基や中村俊輔(現横浜FC)と同じ進路を選んだ。

唐山翔自はガンバ大阪に所属する178センチのストライカーだ。昨年のAFC選手権で5得点を挙げ、得点王に輝いた。抜け目なく「隙」を突く、ゴール前の位置取りに優れたタイプだ。

G大阪U-23では7試合で7得点を挙げていて、9月1日のJ3・福島ユナイテッドFC戦では、16歳245日とJリーグ史上最年少のハットトリックを達成した。

また、湘南ベルマーレに内定し、特別指定選手でもある高速アタッカー若月大和(桐生第一高)は、昨年のAFC選手権後に台頭を見せている。FW登録はそれぞれタイプが違い、しかも能力の高い3名が揃った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ