人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年10月25日

久保建英、アザールのプレー映像見ていた

サッカーニュース by J SPORTS 編集部
  • Line
久保建英

現地時間10月19日、マジョルカの久保建英は保有元であるレアル・マドリードと対戦。後半14分から途中出場するが、1点リードしていたこともあって守備重視の戦術へシフト。前半7分に挙げた得点を守り切ったマジョルカがR・マドリードをリーグ戦今季初の敗戦に追い込む。渦中にある久保はマルカ紙のインタビューでR・マドリードで過ごしたプレシーズンをこう振り返る。

マルカ紙(以後M):6月14日移籍発表時、R・マドリードはあなたのことを世界的な選手のうちの一人になるといっていましたが、どう感じましたか?

久保建英(以後T):過剰な表現だと思いますので、考えないようにしています。ですので、頑張らないといけませんね。

M:18歳の青年に対して、非常に多く寄せられる期待はプレッシャーにはなりませんか?

T:プレッシャーは自分自身のために有効です。

M:タケ、あなたは自分に厳しい人ですか?

T:自分に厳しい選手は自分のことを、自分に厳しいとは言いません。ですからそれは言いませんよ。笑

M:マドリードでのプレシーズンはどうでした?

T:いい経験でした。日本からの長い移動にもかかわらず、スケジュールはタイトでしたが。

M:誰が印象的でした?

T:みんな世界レベルで、いい選手であることはわかっていました。合流の少し遅かったイスコにはとても驚きました。彼は正確に任務を遂行する能力、質の高い能力を持っています。

M:驚きといえば、R・マドリードファンはあなたに驚いています。プレシーズン、バイエルン戦などの練習試合であなたは立て続けに好プレーをし、何も臆することなくプレーしていました。

T:もしあなたがR・マドリードの選手でバイエルン相手に試合があるとすれば、それはモチベーションになるでしょう、だからたぶん、いつもより少し良かったのかもしれません。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ