人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年10月15日

東京五輪決勝の前哨戦?U22日本代表が敵地でブラジルを破る!

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

東京オリンピックでのメダル獲得を目指すU22日本代表が、アウェーの地ブラジルのレシフェ、アレーナ・ペルナンブコでU22ブラジル代表を破った。

南米では、ヨーロッパと違って、オリンピックのサッカーも重視されており、来年の南米予選に向けてチーム作りの最終段階にあるブラジルも本気モードだった試合で、日本が3対2のスコアで勝利したのだ。

U22ブラジル代表とは、6月のトゥーロン国際大会の決勝でも対戦し、1対1の引き分けの後、PK戦で敗れた日本。トゥーロン国際での試合では一方的に攻め込まれ、なんとか耐えて凌いだ印象の試合だったが、今回のアウェーではポゼッションではブラジルが上回ったものの、試合は互角に近い内容で堂々と渡り合った。

トゥーロン国際の時、日本のU22世代はコパ・アメリカに参加するA代表とトゥーロン組に分かれた編成で、コパ・アメリカが主力組と言う位置づけだった。今回は、A代表に参加してタジキスタンに遠征している久保建英や堂安律などを除き、オリンピック・チームの中心になるべき選手たちが参加している(ただし、代表に拘束権があったわけではないので、招集できなかった選手もいる)。

J SPORTS放送情報

1対1の競り合いやパススピードなどでは、たしかにブラジルに一日の長があった。前からプレスをかけに行ってもかわされてしまう場面が多く、日本は守備の時には両ウィングバックの杉岡大暉(左)と橋岡大樹(右)も下がって5−4−1で分厚く守る。

守備に際しては、前からボールを追う場面と引いて守る場面の見極めが重要だったが、その辺の意思統一がうまくいったようで、押し込まれながらも崩される場面は少なかった。ピンチの多くは日本のGKやDFのパス交換や前の選手に付けようとするフィードを狙われて引っかけられたもの(この辺り、ブラジルは日本戦に向けて本気でしっかりスカウティングしてきたようだ)。

また、守備面で特筆すべきはMFに入った中山雄太の存在。相手のブラジルはサイドバックも中央のスペースに入って組み立てに加わるが、中山が要所々々に顔を出して攻撃の芽を摘んだことで、ブラジルの攻めは明らかにノッキングを起こしていた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ