人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年9月23日

ラグビーW杯を堪能してきた。サッカーのW杯とよく似ていたのでびっくり!

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

ラグビーのワールドカップが始まったので、早速大会2日目にフランス対アルゼンチン戦を見に「東京スタジアム」に行ってきた。チケットの申し込みをするのが遅かったので、日本戦などはもう手に入らず。そんな中で、この好カードのチケットを手に入れることができたのだ。プールCには優勝候補の一角のイングランドに加えて、このフランス、アルゼンチンが同居しており、いわゆる「死のグループ」を形成している。そのプールCの開幕戦という好カードだった。

そもそも、サッカーの世界ではフランスはミシェル・プラティニの時代に「シャンパン・サッカー」として、同時代のディエゴ・マラドーナのアルゼンチンと双璧をなすパス・サッカーの最高峰の国だった。1980年代には、フランス対アルゼンチンはまさに夢のカードであり、1986年のメキシコ・ワールドカップでは両者の決勝対決を夢見たものだったが、フランスが西ドイツに敗れてしまって実現しなかった。

もちろん、サッカーとラグビーの違いもあり、またサッカーのフランス代表も今では勝利至上主義のリアリズムのサッカーをするようになってしまったのだが……。

J SPORTS放送情報

ただ、ラグビーの世界でもフランスはサッカー同様に「シャンパン・ラグビー」と言われたこともあるし、正確なハンドリング技術を使ったパス攻撃は魅力的だ。また、アルゼンチンのラグビーもこのところ躍進著しく、サッカー人である僕にとっては魅力的なカードであることは間違いない。

前半はアルゼンチンがペナルティーゴール(PG)で先制したものの、その後はフランスが見事なパス回しでアルゼンチンを圧倒。20対3とリードしてハーフタイムを迎えた。「もう、勝負あったのかな」と思っていたら、後半は開始早々にアルゼンチンがラインアウトからのモールを押し込んでトライを決めると勢いに乗り、突進力を生かして着実に追い上げ、ベンジャミン・ウルダピジェタが2本のPGを決めて28分に逆転する。だが、フランスのカミーユ・ロペズがドロップゴール(DC)を決めて再々逆転。そして、タイムアップ直前にアルゼンチンは距離はあるものの正面に近い位置でペナルティーを獲得。入れば再び逆転というキックだったが、惜しくも左に外れてフランスが逃げ切った。

結局23対21のわずか2点差。コンバージョンキックやペナルティーキックなど、アルゼンチンのプレースキックの精度がもう少し高かったらアルゼンチンが勝っていたわけだ。いずれにせよ、得点が二転三転して素人でも楽しめる試合だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ