人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年8月21日

環境を変えさえすれば、サンチェスは華々しく復活する

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

「アレクシスはわれわれとともにあるが、他国の移籍市場は9月2日まで開いている。いくつかのクラブが興味を示していることは間違いない」

スールシャール監督の言葉にも“含み”がある。去就が微妙なポール・ポグバに関して「絶対に残る」と表現しながら、サンチェスの退団はやむをえないとも考えているようだ。事実、ローマからローン移籍の問合せがあったという。インテル・ミラノが買取オプション付きで獲得する、との報道もある。新天地はセリエAが有力ということか。

何事につけて“たら・れば”は禁物だが、あのときアーセナルに残っていれば、あるいはシティを選んでいれば、サンチェスは依然としてプレミアリーグのトップアタッカーだったとも考えられる。ユナイテッドでは思うに任せず、いつしかドレッシングルームで孤立。スペイン語を話し、コミュニケーション能力の高いアンデル・エレーラ(現パリ・サンジェルマン)、ファン・マタとも距離を置いていた。殻に閉じこもっていては活躍できない。

アーセナルに所属した5シーズンで152試合・73得点。ユナイテッド移籍後の一年半は32試合・3得点。プレミアリーグのデータも、サンチェスの苦悩を裏づけている。

しかし、彼の才能はだれもが認めるところだ。環境を変えさえすれば、華々しく復活する可能性は十分にある。イングランドより温暖なイタリアなら、心が解放されるかもしれない。次の決断に、サンチェスの選手生命がかかっている。

文:粕谷秀樹

粕谷 秀樹

ワールドサッカーダイジェスト初代編集長。 ヨーロッパ、特にイングランド・フットボールに精通し、WWEもこよなく愛するスポーツジャーナリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ