人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル ニュース 2019年6月25日

なでしこジャパン、現地紙の不利なデータを覆せるか?FIFA女子ワールドカップ

サッカーニュース by J SPORTS 編集部
  • Line

FIFA女子ワールドカップ決勝トーナメント1回戦で、オランダと対戦するなでしこジャパン。開催国フランスの日刊スポーツ紙「レキップ」は、「日本は正確さを追求」「攻撃的レアリスムを証明」せねばならないと解説する。

J SPORTS 番組情報

「グループリーグ終了時点で、日本はシュート43に対して、得点はわずか2。シュートに対する得点成功率ランキングでは下から5番目だった」。

最終的に1勝1分1敗でグループリーグを抜け出した、なでしこジャパン。苦戦の理由を、同紙は「岩渕真奈が故障で調整が上手くいかなかったこと」と分析している。

さらに、対イングランド戦に先発した日本のFW2人が156cmだった事を指摘し、「フィジカルが真っ先にモノを言う女子サッカー界の中で、選手たちの身体が少々小さすぎる」とも。

そして、「不動の4−4−2システムを取りながら、これまでの3戦全てで異なるFWのペアをスタメンに投入した」と、メンバー選考にも疑問を呈している。

J SPORTS オンデマンド番組

また、決勝トーナメント1回戦の対オランダ戦では、グループリーグ第2戦のスコットランド戦と同じく、岩渕真奈と菅澤優衣香の先発を予想するが、この2人に関しても不利なデータを掲載している。

「フランス到着以来、この2人は枠内にシュートを飛ばせず苦労しているし、当たり負けも多い(ディフェンスとの1対1成功率はそれぞれ29%と28%)」。

少々ネガティブなデータが列挙された記事を、同紙は「今夜はあらゆるデータを裏切る良い機会だ」と締めくくっている。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧