人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年3月29日

「最強メンバー」を使い続ける韓国代表。日本は選手ファースト……多くの選手を試した森保監督の手腕

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

3月の代表戦シリーズ。日本代表は「宿敵」コロンビアに敗れてしまった。決勝点となったPKは相手の至近距離からのシュートがDF冨安健洋の腕に当たったもの。あの距離からの速いボールをよけることは不可能なだけに、PKの判定はかなり厳しいものだったと思う。かなり攻め込まれてはいたものの、与えた決定機は少なく、守備は機能していた。問題だったのは得点できなかったことの方だ。やはり、大迫勇也の不在の影響は大きかった。

コロンビア戦でワントップとしてテストされた鈴木武蔵はそのフィジカルの強さとスピードを生かして、コロンビアの強力DFにも脅威を与えており、「可能性」を感じさせたが、しかし、代表初出場では周囲とのコンビネーションは機能せず、決定機にもシュートを枠に飛ばすことができなかった。

続いて日本代表はボリビアと対戦したが、守りを固めるボリビアを崩せずに苦戦を強いられた。ワントップには鎌田大地が起用され、2列目には香川真司を中央に、右に宇佐美貴史、左に乾貴士とロシア・ワールドカップにも出場した経験のある選手が並んだ。

だが、それなりにボールは回るものの、「どうしてもゴールを陥れよう」という迫力ようなものが感じられなく、じれったい展開が続く。また固いブロックを崩すときの常套手段でもあるサイドからのクロスもアタッカーと合わない。「攻めてはいるが迫力を欠く」という、かなりフラストレーションがたまる試合だった。

そして、後半61分に中島翔哉と堂安律が投入され、7分遅れて南野拓実が入って、2列目には昨年秋以降、日本代表の攻撃の中心を担ってきた若手が登場した。

すると、76分に堂安から南野、中島とドリブルとパスが縦につながって待望の得点が生まれた。もちろん、それまでの日本の度重なる攻撃をスライドしながら耐えていたボリビアの守備陣がかなり疲労を溜め込んだ中で若手3人が投入されたという事情は割り引いて考えなくてはいけないが、香川中心のベテラン3人の時に比べて若手3人の方が間違いなく攻めの迫力があり、これが相手のミスパスを誘発した。

若手3人に交代してすぐの先制ゴール……。まさに「新旧交代」を実感させるような場面だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧