人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年1月6日

勝点差7という特殊な状況下の首位決戦。熱いパッションと冷静で緻密な頭脳で戦った両チーム

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

僕のコラムに年に一回ほど(あるいはもっと稀に)登場する火星人のサッカー記者。彼が、事前情報まったくなしでこの試合を見たとしても、すぐに状況を理解できたはずだ。

イングランド・プレミアリーグ第21節、マンチェスター・シティ対リヴァプールの大一番は、かなり特別なゲームだった。

首位のリヴァプールと2位のマンチェスター・シティの勝点差はすでに7もあった。もし、この試合でリヴァプールが勝点3を積み重ねたとすれば、勝点差はさらに広がって10。今シーズンの優勝争いはほぼ決着が付いてしまう。そんな状況だった。マンチェスター・シティとしては絶対に負けは許されないと同時に、ぜひとも勝点3を奪って追い上げ態勢を築きたいところだ。

マンチェスター・シティは、当然のように開始早々から攻めに出た。一方のリヴァプールは、いわばリードした立場である。しっかりと守備の立ち位置を確認しながら、いつもよりは慎重な入り方だった。

ユルゲン・クロップ監督の売りである「ゲーゲンプレッシング」も封印。前からチェックには行くものの、それはパスコースを限定するだけのもの。本気でボールを奪いに行ったりはしない。ボール回しのテクニックが高いマンチェスター・シティを相手に本気で行って、そこでかわされたら大ピンチになってしまう。前でチェックをかけながら、相手が無理に入れてくるボールを 2列目に入ったジョルジニオ・ワイナルドゥムやジェームズ・ミルナーがスライドしながらカットを狙うという重労働を担う。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧