しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/01

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2021年01月07日

ヒルシの移籍について

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

「ヒルシです!」「ヒルシです!」「ヒルシです!!!」

2020年のサイクルロードレースシーンで谷口アナを絶叫させたマルク・ヒルシの「電撃契約解除」が昨夜、現所属チームの「チームDSM」から発表されました。

移籍先はまだ公式発表されていませんが、「UAEチームエミレーツ」が有力視されています。

これが実現すれば、ポガチャル&ヒルシの二人でUAEの未来は当分安泰な感じがします。

今回の移籍騒動、まずはヒルシのこれまでの経歴などをざっと確認してみたいと思います。


◯ヒロシが2017年スイスU23TTチャンピオンのタイトルを獲得
◯2018年にサンウェブの育成チームに加入、秋にはU23ロード世界チャンピオンとなる
◯同郷のカンチェラーラがヒルシのエージェントとなる
◯2019年にサンウェブと3年契約を結び、未勝利ながら大器の片鱗を見せる
◯2020年にツールでプロ初勝利を挙げ、フレッシュワロンヌも制する
◯中継中に「カンチェラーラがそろばんを弾いているのでは?」とのコメントが飛び交う
◯契約を1年残して解除されたことがDSM側から発表される←今ここ


通常、契約期間を残して選手側から契約解除を申し出る際には、契約時に決められた違約金を選手が支払う形が一般的です。

かつてカンチェラーラも当時所属していたサクソバンクとの契約を1年残して違約金を支払いレオパード・トレックへ移籍した経緯があります。

ちなみにこの違約金は選手個人が支払うのではなくて移籍先のチームが肩代わりしているものと思われます。

「育てた選手が育つと他チームへ移籍してしまう(キッテル、デゲンコルプ、バルギル、デュムラン、ケムナ、オーメン、etc、来季はヒンドリー?)」ということを繰り返しているサンウェブ(チームDSM)はもはや慣れたもので、契約満了前に違約金をもらって放出した方が収入に繋がると割り切っている感すらあります。

今回のヒルシの移籍はなんとなく予想されていたことでもありますが、今年、ヒルシが活躍できるか否かによって、DSMとUAEの明暗が分かれることにもなります。

J SPORTS的にも、再び谷口アナの「ヒルシです!!!」が聞けるのかに注目していきたいと思います。

  • Line