しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/06

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2020年06月08日

エア・ド・スイス開幕!汗

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

01.png

恐らく国内では初の試みとなったバーチャルレース実況・解説(ここで言うバーチャルレースとは開催されていないレースを開催した体でお届けすると言う意味でのバーチャル...汗)の「エアー・デ・イタリア」が終了したばかりですが、止まるところを知らないJ SPORTSは、息つく間もなく今度は「エア・ド・スイス」の放映権?を獲得して参りました(大汗

ということで、昨日開幕(開催中止となったツール・ド・スイスの開幕予定日)した「エア・ド・スイス」の第2ステージの模様をこのあと23時からJ SPORTSオンデマンドにてライブ配信(後日放送もあります)いたします。

まずは配信前に「ツール・ド・スイス(ではなくてエア・ド・スイス)」の見所をご紹介いたします。


◯クリテリウム・デュ・ドーフィネと並ぶツール・ド・フランス前哨戦

◯昨年のチャンピオンはエガン・ベルナル(そのままツールを制覇)

◯今年のコースは以下の通り
第1ステージ 個人TT(平坦10.9km)
第2ステージ 中級山岳179km(獲得標高2,352m)
第3ステージ 中級山岳186.6km(獲得標高2,490m)
第4ステージ 中級山岳180.6km(獲得標高2,110m)
第5ステージ 1級山頂フィニッシュ205.1km(獲得標高3,364m)
第6ステージ 標高2,478mヌフェネン峠越え山岳コース162.1km(獲得標高3,724m)
第7ステージ 個人TT23.2km(中盤に山越え個人TT)
第8ステージ クイーンステージ1級山頂フィニッシュ118.4km(獲得標高3,608m)

◯総合上位候補は以下の通り
71 ヒュー・カーシー(EF)
121 マルク・ソレル(モビスター)
131 ロマン・クロイツィゲル(NTT)
141 ゲラント・トーマス(イネオス)
151 ステフェン・クライスヴァイク(ユンボ)
171 バウケ・モレマ(トレック)
181 タデイ・ポガチャル(UAE)

◯なんと今年は日本人選手がフル出場!
31 新城幸也(バーレーン)
132 入部正太朗(NTT)
201 別府史之(デルコ)
203 石上優大(デルコ)
205 中根英登(デルコ)
206 岡篤志(デルコ)

◯昨日終了した第1ステージのリザルトは以下の通り
1位 S.キュング GFC 11'50"
2位 M.マシューズ SUN +1"
3位 S.クラーウアナスン SUN
4位 K.アスグリーン DQT +2"
5位 L.クラドック EF1
6位 P.ベヴィン CCC
7位 G.トーマス INS
8位 J.カストロビエホ INS
9位 C.マイヤー MTS
10位 Y.ランパルト TJV +15"
T.ポガチャル UAD +23"
S.クライスヴァイク TJV +24"
L.L.サンチェ AST +25"
M.ソレル MOV +29"
B.モレマ TFS +42"


さあ、ということで今夜も「妄想100%」でがんばって参ります!!!汗

エア・ド・スイスの配信及び放送予定はこちら

Cycle*2020 エア・ド・スイス #1
~ツール・ド・スイス第2ステージを100%妄想中継!~
J SPORTSオンデマンド先行生配信
2020年6月8日23:00〜25:15
解説:栗村修
リモート解説:浅田顕、中野喜文
実況:谷口廣明
「延期や中止されたレースが予定通り開催されたらどうなった?」妄想100%で語り尽くすエアレース第2弾が早くも登場!今回のテーマは2020年大会の中止が発表されている「ツール・ド・スイス」。
実際のレースが行われる予定だった時間に、J SPORTSが誇る自転車中継出演者たちが妄想力全開でレースをエア実況!
アタックやスプリント、さらに表彰式まで臨場感たっぷりでお伝えしていきます。
最終的にJ SPORTSとしての"エアー版ツール・ド・スイス結果"を確定させます!
第4のグランツールとも呼ばれるツール・ド・スイスがもし開催されたらどうなったか妄想全開でお届け!
※配信時間延長の場合がございます
※現地の収録状況などによりお見苦しい映像が配信される場合がございます

  • Line