しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/08

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2019年08月13日

第7回 アークティックレース・オブ・ノルウェー

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

今週の木曜日から「UCIヨ―ロッパツアー」の「第7回 アークティックレース・オブ・ノルウェー(UCI-2.HC)」が開幕します。

北欧・スカンディナヴィア半島(スウェーデン、デンマーク、ノルウェー)西岸に位置するノルウェー王国は、首都が港湾都市のオスロで、スウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接しています。

国土は南北に細長く、長い海岸線には多くのフィヨルド(氷河による浸食作用によって形成された複雑な地形の湾や入り江)が発達しています。

また、福祉国家として知られており、2014年にはOECDの「人生満足度ランキング」でスイスに次ぐ2位となっています。

ノルウェーの定番・名物料理といえば、やはりシーフードで、サーモン、ニシン、タラ、エビ、カニなどが有名。また、北ノルウェーではトナカイの肉も食べられるとのこと。バカラオという塩漬けにして干したタラをトマトソースで野菜と一緒に煮込んだ料理も有名です。

そんな、北欧の魅力がたっぷりと詰まったノルウェー北部で4日間にわたり開催されるのが「アークティックレース・オブ・ノルウェー」であり、オーガナイザーは泣く子も黙る「A.S.O.」となっております(大会アンバサダーは第1回覇者のトル・フースホフト氏)。

ということで、「アークティックレース・オブ・ノルウェー」の各種情報をおさらいしておきましょう。

◯歴代優勝者
2018年 CHERNETSKI Sergei(ロシア/アスタナ)
2017年 TEUNS Dylan(ベルギー/BMC)
2016年 MOSCON Gianni(イタリア/スカイ)
2015年 TAARAMÄE Rein(エストニア/アスタナ)
2014年 KRUIJSWIJK Steven(オランダ/ベルキン)
2013年 HUSHOVD Thor(ノルウェー/BMC)

◯今年のコース
8月15日 Stage 1/Å〜Leknes/181km
8月16日 Stage 2/Henningsvær〜Svolvær/164km
8月17日 Stage 3/Sortland〜Storheia Summit/176.5km
8月18日 Stage 4/Lødingen〜Narvik/165.5km

◯現時点での注目選手
・Team Jumbo-Visma
VAN POPPEL Danny

・Corendon - Circus
VAN DER POEL Mathieu

・Team Total Direct Energie
HIVERT Jonathan
TAARAMÄE Rein
CALMEJANE Lilian

・Astana Pro Team
LUTSENKO Alexey
CORT Magnus

・Cofidis, Solutions Crédits
LAPORTE Christophe
LEMOINE Cyril

・Team Arkéa Samsic
BARGUIL Warren

・Vital Concept - B&B Hotels
COQUARD Bryan

・Rally UHC Cycling
MCNULTY Brandon

◯放送予定
第1ステージ/8月15日(木)22:45〜/J SPORTS 4
第2ステージ/8月16日(金)22:45~/J SPORTS 4
第3ステージ/8月17日(土)22:45~/J SPORTS 4
第3ステージ/8月18日(日)22:45~/J SPORTS 4

ブエルタ前の視聴者の皆さんの復帰戦でもありますので、北欧の美しい景色の中を走るエキサイティングなレースを是非ご堪能のください!

  • Line