しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2010/03

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

栗村修の日常 2010年03月08日

思い出シリーズ(今中大介社長)

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

今年3回目のキャンプはあまり天候に恵まれていませんが、各選手はしっかりとメニューをこなしながら開幕戦に向けてコンディションを上げています。

さて、今回は昔の写真を整理していて見つけた懐かしい「思い出シリーズ」をちょこっとご紹介いたします。

第1回(第2回があるかは分かりませんが…)は、宇都宮ブリッツェンのウェアスポンサーになっている'KUOTA'などをご提供いただいているインターマックス社の'今中大介'社長です!

もう皆さんご存知の方ですね!自分の中ではスターの様な存在です。


Shm
[ツール出場直後の今中大介さんとシマノ鈴鹿ロードで撮影したポストカードの画像]

1枚目の写真は、自分がシマノレーシングに選手として所属していた1996年に撮影されたポストカードの画像です。

この年は、今中さんがツール・ド・フランスに出場した歴史的なシーズンで、近代ツールに初めて日本人が出場した直後の写真なのです。

今中さん絞れていますね!自分は何故か先輩方を差し置いて中央付近で仁王立ち…現、シマノレーシング監督の今西氏は端っこです、すみません

「オリンピック選考レース」に向けてこの年の春先に和歌山で行ったシマノ合宿では、今中さんの強さに愕然としたのを今でもよく覚えています。

当時、国内でそれなりの力を持っていたシマノレーシングのメンバー達が、今中さんのインターバルトレーニングについていけず、ブチブチと千切れ去っていく姿は衝撃的だったと思います


Mrobur
[ポーランドのプロチーム'MROZ'と契約して憧れのポストカードが出来上がる]

2枚目の写真は、1998年に憧れだった欧州のプロチームと契約したときのブロマイド写真です。

当時は、プロチームと言ってもTT2(今で言うプロコンチネンタル)クラスでは運営がイマイチのチームが多く、この年はレーパン(半パン)1枚で1シーズンを乗り切るという「伝説」を作り上げてしまいました。

給料が安いのは覚悟していましたが、まさか、自転車やその他グッズを満足にを支給されないとは夢にも思っていませんでした…

ですので、チームと契約したあとも、実は自分でチームが使っているメーカーの物品を集めたりしていました。

但し、当時のプロの世界はこの様な話はそれほど珍しくなく、一部のエリートライダー以外はハングリーな状況から自己投資を行って這い上がっていくのが正常な姿でもありました。

時代が変わり制度改革が行われて、プロツアーライセンスを持っているトップチームであれば、無名な選手でも最低でも1000万円ほどの年俸からスタートできると聞きますし、自転車やウェアなどは山のように支給されます。

トップクラスの選手の年俸は数億円レベルまで上がってきています。

ちなみに、全盛期のランス・アームストロングの年収は30億円を超えていたとも…

ただ、こんなこと言うと「おやじうるせえ」と言われそうですが、今の選手たちは「自分のお金で海外へ行ったことがない」など、一昔前に比べると相当に恵まれた環境で活動しています。が、その分、諦めるのも早くなってきています

小さな部品でも支給して頂けることの意味、1円でもお金をもらえることの意味、これらをしっかりと伝えていきたいと思います。


Toj
[5月のTOJに帰国して'MET'のヘルメットでレースを走る]

3枚目の写真、そんなこんなでヘルメットは'MET'を今中さんから提供していただき、プロのレースで使いました。

その他、今中さんの会社が独占販売権を持っていない、ステムやサドルなど(露出してもそれほど売り上げには繋がらないのに)でもご好意を受けました。


Jsky01
[J SPORTS(旧 J SKY SPORTS)で今中大介さんと出演して緊張する]

4枚目の写真、ツール・ド・フランスのテレビ中継で今中さんと共演することになります。

同じくシマノで海外プロだった菊田さんのピンチヒッターとしてテレビ解説に出演し、これがきっかけとなって解説の仕事を始めるようになりました。

今中さんとの共演ではとても緊張したものです…あ、もちろん今でも緊張していますよ

青嶋達也さん、いつもありがとうございます。


Sine
[宇都宮ブリッツェンが使用するヘルメットは'MET'の'SINE THESIS']

ブリッツェンが使用するヘルメットは、'MET'社の最上級モデル'SINE THESIS'。

そして、自分自身にとっても'MET'は思い出のメーカーです。

'SINE THESIS'は軽量なのはもちろん、優れた冷却効果を持ち、夏場のレースでは「むしろヘルメットを装着しているほうが涼しい」と思えるほどの高機能ヘルメットです。


Kebel
[宇都宮ブリッツェンが使用するフレームは'KUOTA'の'KEBEL']

ブリッツェンが使用するフレームは'KUOTA'社の'KEBEL'。

長時間走っても疲れにくい快適性が売りですが、実は剛性も高く、パワー系の選手にも評判は上々です。

あと、なんと言っても価格がリ-ズナブル!この価格で実戦仕様はなかなかありませんよ

もし、「価格対性能」を表す係数があれば、このフレームはダントツの数字を出す気がします。


Nw
[宇都宮ブリッツェンが使用するシューズは'NORTHWAVE'の'エアライト S.B.S']

ブリッツェンが使用するシューズは、'NORTHWAVE'社の最上級モデル'エアライト S.B.S.'。

幅広な日本人の足にもピッタリフィットし、なんと言ってもその作り込みのクオリティの高さは、他と一線を画す美しさがあります。

過去にボーネンが「パリ-ルーベ」で勝ったときに使用していたシューズですから、その強度と快適性は折り紙つきです。


上記商品の詳細は、InterMax のホームページをご参照ください。

  • Line