人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年4月25日

菊池雄星、3回2/3、3安打4失点で勝敗つかず。指揮官は「彼は発展途上」と話す。

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

菊池雄星は4回途中で降板

ブルージェイズの菊池雄星は現地4月24日(日本時間25日)、敵地ミニッツメイドパークでのアストロズ戦に先発登板するも、強力打線に対し3回2/3を投げ、3安打4失点(自責2)、5四球4奪三振と、早期降板で今季初のクオリティスタートはならなかった。

試合は6回にブルージェイズが同点としたことで、菊池の黒星は消えるも、チームは延長の末、7-8でサヨナラ負けを喫した。

MLB中継2022

現地局『CBSスポーツ』は同日付で電子版に「キクチは5四球で勝敗つかず」と題した記事を掲載し、その中で、この試合での左腕の投球について、「キクチは2回に打者8人と対峙するも、満塁でのアレックス・ブレグマンに対する押し出しを含む僅か2失点でこのピンチを切り抜けた」。

「その後、彼は4回にマイケル・ブラントリーから2ラン弾を浴びると、ここで降板となった」とピンチの場面の詳細について伝え、今季これまでの成績について「30歳の左腕は今季これまで12回を投げ、防御率が3.75に上昇した」としつつ、「キクチは来週、本拠地でアストロズとの再戦に臨む予定となっている」と次回登板について伝えた。

一方、『MLB.com』も試合後に掲載した速報記事の中で、「キクチは苦闘し、僅か3回2/3で、3安打4失点(自責2)、5四球だった」と、前述の記事と同様に四球の多さについて言及。

記事によると、試合後にブルージェイズのチャーリー・モントヨー監督は、「彼はこれまでのところ、余りに多くの四球を与え過ぎているし、今日に関しては、これまでほど速球がアグレッシブではなかった。彼は発展途上であり、私は彼の腕(肩)を気に入っている。彼が如何に立ち向かうかなど、そういうところが気に入っている。今回はタフな試合だった。彼は5人を歩かせたからね」と述べたとのこと。

菊池はリターンマッチとなる現地29日の本拠地アストロズ戦で、新天地での初勝利を目指すことになる。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ