人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年10月16日

澤村拓一、ポストシーズン初登板は厳しい結果。アストロズがレッドソックスに先勝。ア・リーグ チャンピオンシップシリーズ第1戦

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

ヒューストンvs.ボストン

アメリカン・リーグ チャンピオンシップシリーズ初戦は、2017年にワールドシリーズ制覇を成し遂げたコアメンバーであるホセ・アルトゥーベとカルロス・コレアに一発の出たアストロズが5-4で先勝した。

結果的にこの試合の勝敗を分けたのはブルペンのパフォーマンスで、両チームともに先発投手が3回途中と試合の序盤で降板する展開となるなか、アストロズのブルペンは、その後の6回1/3を最少失点で耐えたのに対し、レッドソックスのブルペンは同じく6回1/3でアストロズ打線に4点を献上した。

メジャーリーグ中継2021 ポストシーズン

とりわけ、このシリーズでロースター入りを果たした澤村拓一が勝負どころの8回に起用されながらも、制球が定まらず、1安打2四死球で無死満塁のピンチを招き、犠牲フライで1点取られたところで降板となったのは気掛かりな点であり、今後の雪辱に期待したいところ。

レッドソックスはその初戦で、7人のリリーバーを投入しただけに、第2戦で先発するネイサン・イオバルディには、それなりの長いイニングを投げてもらわなければ、ブルペンの台所事情が厳しくなる可能性がある。

なお、イオバルディは今秋のプレーオフではこれまで10回1/3を投げ、16奪三振、3失点と、このポストシーズンにおけるレッドソックス先発ローテンションの大黒柱的な存在感を示しており、ボストンでは最も勝ち星を勘定できる選手であるだけに、この第2戦でヒューストンに連勝を許すと、かなり厳しい展開でボストンへ戻ることとなる。

打線では、ポストシーズンに入り、目下絶好調のキケ・ヘルナンデスが、このシリーズ初戦でも2本塁打、1二塁打を含む4安打(三塁打が出ればサイクルヒットだった!)と、当たりまくっているのが心強いところだ。

一方、ブルペンの継投がはまり、第1戦をものにしたアストロズは、腕の張りにより今シリーズのロースターから外れたエースのランス・マカラーズJr.の穴をどう埋めるかが、大きな課題となっており、初戦に続き本拠地ミニッツメイドパークで行われる第2戦では、ルーキー右腕のルイス・ガルシアが先発投手の任に当たることになる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ