人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年9月7日

【中日好き】小笠原慎之介、憧れの存在へ

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line

インタビューに答える小笠原慎之介

「今年ダメなら、もうダメ」。大袈裟に聞こえるが、“マジ”な決意だった。

球団がどう考えるか、そんな事は知らない。小笠原慎之介は自分の中で退路を断った。「数年後にこれくらいできたらいいな」なんて甘い空想は捨てた。プロ野球最終年と思ってやる。それが小笠原の今年のスタートだった。

ここまで18試合に先発。6勝7敗 防御率3.23(9月7日現在) 勝ち星はキャリアハイの数字を残している。そして何より開幕から先発ローテを守っている。勝ち星はともかくローテに関しては強い口調で話す。

「ローテを守ってシーズンを終わる。そこは最低限です。その目標は超えたい。ローテを守っていくのは大事だと考えています」と話す。

J SPORTS 放送情報

先発ローテを守るのはタフな作業だ。当然、精神的な苦しさを伴うだろうと思ったが、小笠原の答えは意外だった。「今年、野球をやってて一番楽しいんです。だから辛くありませんね。僕は中学から野球が全然楽しくなかった。高校も楽しいと思って野球やってた記憶はほとんどないです。こんなに楽しいのは小学生以来です。だから全然辛くないですよ」。

強豪校のエースなりに背負ってきた物もある。楽しむ以上に重圧を抱えてきた野球生活。その野球を仕事にした今、初めて「楽しい」の感覚を思い出した。

1つには外国人の存在だ。ドミニカに行った時も野球文化の違いに驚いた。マウンドでは気迫あふれる表情を出すが、試合が終われば別人のようになる。チームに在籍している外国人からも声をかけられる。「なんでそんな苦しい顔をするんだ?終わった事はしょうがない。切り替えてやろうぜ」。

そんな言葉に小笠原は何度も救われた。さらに高校時代の恩師、東海大相模の門馬敬治監督の退任もある。

小笠原は「高校時代、毎日口酸っぱく言われた言葉。『一日一生』。一日を一生のように生きる。その瞬間に全力を出していく。そんな言葉も今わかる気がして…」。

甲子園優勝投手からドラフト1位ルーキー。注目と責任を背負い歩いてきたプロ人生。全て消化し、そして開き直った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ