人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年8月27日

大谷翔平、第41号。MLB公式が「史上最高の単一シーズン」ではないかと検証

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

先頭打者ホームランを放つ

エンジェルスの大谷翔平は現地8月26日(日本時間27日)、敵地カムデンヤーズでのオリオールズ戦に1番・指名打者で先発出場すると、初回の第1打席で右翼スタンドへ高々と打球の上がる今季41号の先頭打者ホームランを放った。

キャリア初となるベーブ・ルース生誕地ボルティモアでのリードオフ弾により、大谷は本塁打数で2位のブラディミール・ゲレーロJr.に5本差とした。試合は、1-13でエンジェルスが大敗している。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

『MLB.com』では試合後、「史上最高のシーズン?オオタニには根拠がある」と題した記事を掲載。その冒頭で、「ここで毎度お馴染みとなったショウヘイ・オオタニの偉大さをアップデートする時間です」と伝えた。

そして、レジェンドのCC・サバシアによる「彼のやっている事をあのレベルでやった人間は1人もいない」とのコメントや、かつて外野手としてMLBでプレーし、現在はロッキーズの解説者となっているライアン・スピルボーグスによる「MLB史上最高の単一シーズンを成し遂げようとしている」とのコメントを引用し、本当に大谷は史上最高のシーズンを達成するかを記事の中で検証した。

まず記事では、今季の二刀流スターによる投打それぞれの成績について、「本塁打(41本)とWPA(=勝利貢献度/4.6)でメジャーをリードし、長打率(.628)で2位につけ、さらにメジャー8位の19盗塁をマークし、史上32例目にして、エンジェルスでは初となる40/20(40本塁打20盗塁)に王手」と打者での成績に触れた。

そして、投手としては「100イニング以上投げた投手として、奪三振率(29.9%)で10位につけ、7月1日以降で40イニング以上投げた投手の中では防御率(2.20)で8位につけ、さらに彼のスプリットは、投球トラッキング導入後、最も支配的な投球となっている」と簡単に振り返った上で、「2021年最高の選手であることに議論の余地はない」と断言。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ