人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年8月19日

大谷翔平、8勝目&40号本塁打。MVP、本塁打王、そしてサイ・ヤング賞の三冠の可能性も話題にのぼる

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

1番投手で先発

エンジェルスの大谷翔平が今季MLBで最高のショーと言っても過言ではない二刀流の“ショウ”タイムでデトロイトの夜を沸かせた。

現地8月18日(日本時間19日)に敵地コメリカパークのタイガース戦に1番・投手のリアル二刀流で先発出場した大谷は、キャリアハイの8回を投げ、6安打1失点8奪三振無四球の快投で今季8勝目を挙げると、打席では8回に今季40号ソロを放って自分自身を援護し、3-1の勝利に大きく貢献した。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

ロサンゼルスの地元紙『オレンジカウンティレジスター』は、同日付で電子版に今回の「大谷フルコース」とも言えるパフォーマンスを伝える記事を掲載。

その冒頭で「もし、これまで取りこぼしていたアメリカン・リーグ最優秀選手賞の票があったとしたら、ショウヘイ・オオタニはこの水曜にデトロイトで幾つか獲得したことだろう」とした上で、「もしかしたら、オオタニはサイ・ヤング賞の票も獲得したかもしれない」と伝えた。

なお、『MLB.com』でエンジェルスを担当するレット・ボリンガー記者は、同日付で投稿した記事のなかで、試合後、チームを率いるジョー・マドン監督はこの夜の大谷について、「既に言われた言葉以外の言葉では何も言えないだろう?」。

「序盤の彼は三振を狙っていたわけではなかったが、試合後半になっても彼の球威は上がっていた。9回も彼をマウンドに上げようかとも思ったが、彼は疲れていた。でも、見ての通り、それが上手く行ったね」。

「彼はスライダーでホームランを許したが、私が最悪でもあと1点は取り返したいと思っていたところ、彼が右翼への超特大弾でそれをやってのけたんだ。極上の選手だ。とにかく彼の功績を讃えないわけにはいかない。彼は唯一無二のアスリートであり、特別な存在だ」と述べたと伝えた。

また、この夜の大谷の投球内容について、「オオタニは24アウトを取るのにわずか90球しか必要とせず、うち69球はストライクと、一晩を通してストライクゾーンに投げ続けた」と端的にまとめた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ