人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年7月15日

大谷翔平、二刀流を断念したMLBのスター選手たちに絶賛される

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

先発で1回をパーフェクト

大谷翔平による史上初のオールスターゲームでのリアル二刀流出場を経て、アメリカのスポーツ誌『スポーツ・イラストレーテッド』が電子版に、歴史的快挙を達成した二刀流スターに関する特集コラムを掲載した。

現地13日付で掲載された記事では、大谷を「ベースボールの歴史上、最も完成された選手」と評し、その冒頭で、「ニック・カステヤノス(レッズ)は12歳、ネイサン・イオバルディ(レッドソックス)は14歳、ブランドン・ウッドルフ(ブルワーズ)は19歳で断念した」と前置きした。

その上で、「今年のMLBオールスター出場選手の大半には、1つの共通点がある。子供の頃、彼らは二刀流選手だったのである。そして、その中の1人を除く全員にも共通点がある。彼らはどこかの時点で、それを諦めたのである」とした。

そして、「この火曜にその例外の1人は、史上初めてオールスターゲームで、投手と指名打者として先発出場を果たした」と、大谷が今季のオールスターでやってのけたことの偉大さを表現した。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

その後、記事では、ナショナル・リーグの先発投手として、今年のオールスターゲームに先発したマックス・シャーザー(ナショナルズ)の「彼がフィールドにいるときは、いつだって必見なんだ」とのコメントを引用し、選手仲間による大谷評を端的に伝えた。

冒頭でかつて二刀流を諦めた選手として紹介され、実際、高校1年生で打者としての道に見切りをつけたというイオバルディは、「(大谷の二刀流には)舌を巻くね。僕もできたら良かったなとは思うよ。僕には、先発登板した後の感じであれば分かる。ただ、どうやったら彼がその翌日にDHで出場できるのかは分からない」。

「それに全てのルーティンもそうだよね。僕はブルペンやその他の練習などがあるので、かなり練習しなければならないと感じているけれど、打者の打撃練習は見ているだけだから。僕には、彼がその両方をこなす時間をどう捻出し、その両方でなぜあれだけ素晴らしいのかが理解できない」と、大谷の二刀流が理解の範疇を越えているとコメント。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ