人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年7月5日

大谷翔平、オールスター史上初の二刀流での選出、そしてレジェンドと並ぶ史上10人目の記録達成

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

また、『MLB.com』でエンジェルスを担当するレット・ボリンガー記者も、大谷の特大ホーマーについて伝えており、同記者は「先駆者オオタニは球宴に打者と投手で出場」と題した記事を同日付で投稿。

この記事のなかで、大谷が史上初めて打者(野手)及び、投手としてオールスターゲームに選出されたことから、「これはオールスターゲームに、指名打者としてファン投票で選出され、選手の投票でアメリカン・リーグの先発投手5人の1人に選出されたオオタニによる、新たな素晴らしい技巧だった」と、この日のホームランについて伝えた。

記事によると、大谷の特大弾についてマドン監督は、「彼がバットを振るときは毎回、たとえ空振りだったとしても、ホームランになるんじゃないかと思う。見ていて本当に楽しい」と述べたとのこと。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

今季、大谷による450フィート(137メートル)越えの本塁打はこれが4本目となったが、これはブラディミール・ゲレーロJr.とタイラー・オニールに並ぶメジャー最多タイとなった。

また、シーズン31本塁打は松井秀喜に並ぶ日本人最多タイ記録となるが、2004年に31本塁打を放った松井は162試合での記録達成となったが、大谷は78試合で31ホーマーと、2倍以上の驚異的なペースで本塁打を量産しており、前述の『MLB.com』の記事によると、左打者で球宴前に31本塁打に達したのは、大谷が史上10人目のこと。

これまではベーブ・ルース(1921、28年、30年)、ロジャー・マリス(1961年)、レジー・ジャクソン(1969年)、ケン・グリフィーJr.(1994年、98年)、ルイス・ゴンザレス(2001年)、バリー・ボンズ(2001年)、デビッド・オルティーズ(2013年)、クリス・デービス(2013年)、そしてクリスティアン・イェリッチ(2019年)がこれを達成しているとのことだ。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ