人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年6月26日

大谷翔平、特大の一発。その推定飛距離にマドン監督がクレーム

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

エンジェルの大谷翔平は現地6月25日(日本時間26日)、敵地トロピカーナフィールドでのレイズ戦に1番・指名打者で先発出場すると、初回にMLBキャリア初となる先頭打者本塁打となる今季24号を放った。試合はレイズを苦手とするエンジェルが3-4で競り負け、シリーズ初戦を落とした。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

大谷よる24号が、右翼スタンドの上にある電光掲示板を越える超特大弾だったことから、『MLB.com』でエンジェルを担当するレット・ボリンガー記者は、同日付で「敗戦でオオタニがキャットウォークへのモンスター弾をかっ飛ばす」と題した記事を投稿。

その冒頭で、「二刀流の天才ショウヘイ・オオタニは、毎日何かしら新しいことをしているが、レイズに4-3で敗れた金曜の試合では、キャリア初となる先頭打者ホームランを放った」とした。

「これはスタットキャスト導入後の2015年以降では、先頭打者弾としては最も強打された本塁打であり、おまけに、彼はその後、次に打席に入った3回には足の速さを見せつけ、今季4本目のバント単打を決めた」と伝えた。

24号は先頭打者ホームラン

カウント1-1からチェンジアップを完璧に捕えた大谷の特大ホーマーの推定飛距離は453フィート(約138.1メートル)であり、記事によると、開場24年目を迎える同球場でのキャットウォーク(スタジアムや劇場などの高所にある、音響設備や照明を設置するための細い通路)直撃弾は今回が39本目とのこと。

また、このホームランの打球初速は116.1マイル(約186.8キロ)に達しており、今季これで大谷による初速116マイル越えの本塁打は2本目となったが、これは今季メジャーではネルソン・クルーズ、ジャンカルロ・スタントン、そしてマイク・ズニーノと並ぶトップタイの本数となった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ