人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年6月14日

【横浜好き】鬼門の交流戦、3週目は負け越しもセ・リーグ5位に浮上。「週刊ベイスターズいいとこどり」6月8日~13日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

左から桑原、関根、牧

2年ぶりに行われた交流戦のラスト2カード。初優勝の夢は叶わなかったが、最後に思わぬ“ご褒美”もあった1週間。能天気だの何だの言われようとも、ブレずにいいところを探していきましょう。

通算の対戦成績は26勝32敗1分、交流戦でもリーグ戦でもBクラスの埼玉西武相手の3連戦は、淡い夢が打ち砕かれた結果に終わった。

ピープルズが山賊打線の勢いに呑まれた初戦は、オースティンが先制打を含む3安打猛打賞、脅威の得点圏打率を誇る大和も3安打1打点をマーク。牧秀悟も3安打で、1959年の桑田武氏以来の球団新人タイ記録となる今季7度目の猛打賞となった。

佐野恵太が安打と二塁打でマルチ安打、桑原将志もタイムリーを放った。途中出場の関根大気が5月21日以来、同じく田中俊太は4月28日以来となる安打を記録した。投手陣は3番手に登板した国吉佑樹から石田健大三上朋也が1イニングずつを無失点に抑えた。

両チーム10安打ずつの乱打線の末、引き分けとなった第2戦は、4回までに8得点と打線が爆発。宮崎敏郎が2打線連続タイムリーを含む3安打4打点。佐野が先制打となるタイムリー三塁打、オースティンがソロ本塁打、桑原もタイムリー安打で打点を記録。スタメン出場した細川成也が今季初安打をマークした。

先発の中川虎大から軒並み失点を許した投手陣では、8回を山崎康晃、9回は三嶋一輝が無失点。守備では勝ちのなくなった9回裏、桑原が栗山巧の左中間への打球をダイビングキャッチして試合終了となった。

交流戦初のカード負け越しが決まり、4位転落となった第3戦はソトが先制タイムリーを含む2安打1打点、牧が2ラン本塁打など2安打2打点。リードオフマンの桑原はマルチ安打、2番に定着した伊藤光は安打と2つの四球で5打席中3打席に出塁した。

投手陣は2番手で登板した国吉が2死満塁のピンチを凌いだが、次の回に失点して2回1/3を1失点。以降の三上朋也、石田、そして4月24日以来の一軍登板となったが1イニングずつを無失点に抑えた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ