人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年5月26日

大谷翔平、打球初速が今季MLBで6位の第15号本塁打を放つ

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

エンジェルスの大谷翔平は現地5月25日(日本時間26日)、本拠地エンジェルスタジアムでのレンジャーズ戦に2番・指名打者で先発出場し、6回に第15号の3点本塁打を放つなど、3打数1安打2四球でチームの大勝に貢献した。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

これで大谷は今季打者として45試合に出場し、これまでの成績を打率.269/出塁率.326/長打率.632、15本塁打、11二塁打、3三塁打、38打点、33得点、6盗塁としている。

地元紙『オレンジカウンティレジスター』は、同日付で電子版に掲載した試合の速報記事の見出し画像に、アーチの行方を見上げる大谷の姿を使用。

記事の中で、二刀流スターによる本塁打について、「エンジェルス最高の先発投手であるショウヘイ・オオタニは、相変わらず打撃を簡単に見せた」とした上で、「彼の今季15号本塁打により、エンジェルスは猛攻を仕掛けた6回に挙げた6点のうちの3点を入れた」と伝えた。

トップに1本差の15号本塁打を放つ

一方、『MLB.com』でエンジェルスを担当するレット・ボリンガー記者は、試合終了直後に「強打ショウ:オオタニが117マイルのHRをかっ飛ばす」と題した記事を投稿し、その冒頭で今回のホームランについて、「右腕ブレット・デゲウスから、右翼ライン際へ完全に粉砕するような、今季15号となる3ラン弾を放った」と伝えた。

スタットキャストによると、大谷が強打した今回の本塁打の飛距離は380フィート(115.8メートル)で、打球初速は驚愕の時速117マイル(約188.3キロ)だった。

これについてボリンガー記者は、「これまでの自己最速の時速115.2マイルを更新する、彼にとって最速初速でのキャリアで最も強打したホームランとなった」とした。

その上で、「また、これはスタットキャスト導入後の2015年以降では、エンジェルスの打者による最速打球初速でのホームランであり、今季ではフランチー・コルデロ(118.6マイル)、ジャンカルロ・スタントン(118マイル)、ブラディミール・ゲレーロJr.(117.4マイル)、マイク・ズニーノ(117.3マイル)、そしてスタントン(117.3マイル)に次ぐ6番目に強打されたビッグフライだった」と伝えた。

本塁打15本は、目下リーグ2位タイであり、リーグ屈指のスラッガーは、現地27日(日本時間28日)のアスレチックス戦でリーグ屈指の豪腕先発投手として、今季7回目の先発マウンドに上がる予定となっている。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ