人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年3月26日

プロ野球開幕、今季の横浜DeNAベイスターズはここからがすごいぞ

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

プロ野球がいよいよ開幕。セ・リーグは、リーグ3連覇を目指す巨人を中心に展開することが予想されるが、ひとつ、気になることがある。ベイスターズの評価が低い。低すぎるのではないか、と思ってしまうほど、とにかく低い。

『週刊ベースボール』3月29日号の2021年のシーズン順位予想によれば、解説者12人のうち、4位が1人、5位が6人、最下位が5人で、Aクラス予想は1人もいない。解説者の中にはOBの野村弘樹氏もいたが、予想した順位は5位だった。

昨年の今頃は、打倒巨人の1番手として優勝候補に名前を挙げる解説者も少なくなかった。それがわずか1年で、どうしてこんなことになってしまったのか。

J SPORTS オンデマンド番組情報

オフを振り返ると、確かに納得せざるを得ない状況ではある。FAで井納翔一、梶谷隆幸と投打の主力選手2人が巨人に移籍。長年チームを支えてきたロペス、パットンも退団した。17年には日本シリーズ進出を果たすなど、就任5年間で4度、チームをAクラスに導いたラミレス監督も昨年限りで契約終了となった。

さらに年が明けると、新型コロナウイルスの影響で外国人選手10名全員が来日できず、開幕に間に合わない事態となった。外国人の来日遅れは全チーム共通のアクシデントだが、とにもかくにも、ソトもオースティンも、エスコバーも新外国人のロメロも不在のまま、シーズンに入ることになった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

筆者は2009年から野球雑誌のベースボール・タイムズ誌で広島担当として記者取材をスタートし、15年からは野球専門サイトのフルカウントに籍を移して3年前から広島とベイスターズ担当を兼任。

昨年はコロナ禍の取材制限で1年間通して横浜で仕事をしたが、近年は年を重ねるごとにベイスターズが着実に強くなるのを感じていた。特にラミレス前監督が就任して以降は若手選手の台頭が目立ち、その勢いは年々増すばかりだった。

当時は広島サイドから見ていたが、カープがリーグ3連覇を達成した2016年から2018年の間にも、夏場の横浜スタジアムでは驚くようなことが起こった。17年は筒香、ロペス、宮崎の3者連続本塁打での逆転サヨナラ負けからの3試合連続サヨナラ負け。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ