人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年11月20日

ドラフト上位指名の好投手に注目。都市対抗野球 東京・西関東代表6チーム紹介

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

第91回都市対抗野球大会が、11月22日(日)に開幕する。今回は東京、西関東から出場する6チームを取り上げたい。

◆JR東日本(東京都)

阪神2位指名の伊藤将司に期待

東京第1代表は11年連続23回目の出場となるJR東日本(東京都)だ。第1代表決定戦トーナメントはセガサミー、東京ガス、NTT東日本を退けて3連勝で突破している。大卒2年目の左腕・伊藤将司(阪神2位指名)、高卒4年目の右腕・西田洸汰のダブルエースを軸に勝ち上がった。

今回の東京2次予選は伊藤、西田と西居建陽の3投手しか登板していない。ただしJR東日本の投手陣は3投手以上のポテンシャルを持つ人材が他にもいる。本大会に向けては、東京ガスのエース臼井浩、左腕・高橋佑樹も補強された。

2017年の田嶋大樹(現オリックス)、18年の板東湧梧(現ソフトバンク)、19年の太田龍(現巨人)とプロに投手を送り出しつつ、JR東日本の投手陣はなお人材豊富だ。

打線は二塁手・杉崎成輝がこの予選で打率.444、3四死球を記録。粘って相手投手に「投げさせる」タイプの嫌らしいリードオフマンだ。4番・捕手の渡辺和哉も3試合で打率.444、2本塁打、5打点と好調だった。

やや左打者の多い構成だが、東京ガスから強打の右打者・地引雄貴を補強できたことも大きい。優勝候補の筆頭格に挙げられるチームだろう。

第91回 都市対抗野球大会

◆NTT東日本(東京都)

注目は西武のドラフト2位指名・佐々木健

東京第2代表は5年連続44回目の出場となるNTT東日本(東京都)だ。第1代表決定戦はJR東日本に破れたものの、第2代表決定戦は27歳の左腕・沼田優雅、35歳の右腕・大竹飛鳥の継投でセガサミーを退けた。

突出したエースがいるわけではないが、最速152キロの左腕・佐々木健(西武2位)がやはり最注目。沼田は派手さこそないが制球力とスライダー、チェンジアップで組み立てる実戦派で、2次予選は防御率0.82と好投している。大竹は勝負どころで頼りになるリリーフエース。逞しい身体の力投派で、マウンドさばきに独特の「華」がある人気者だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ