人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年10月22日

レイズが1勝1敗に戻す。そして記録ずくめとなったワールドシリーズ第2戦

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

第2戦はレイズが勝って、シリーズは1勝1敗に

現地21日(日本時間22日)にアーリントンのグローブライフフィールドで開催されたワールドシリーズ第2戦は、レイズが6-4でドジャースに勝利し、シリーズの成績を1勝1敗のイーブンに戻した。

レイズは先発のブレイク・スネルが4回2/3ながら、2安打2失点9奪三振と好投し、打ってはポストシーズンに入り、極度の不振に喘いでいたブランドン・ロウが2本塁打を放つなど、投打のキーマンが揃って仕事をこなし、レイズの一員としてはこれまでポストシーズンで5勝無敗と無敵を誇るチャーリー・モートンが先発する第3戦へ、良い形でつなげる恰好となった。

ただし、ブルペンに目を向けると、レイズはシリーズ初戦で我慢して温存したニック・アンダーソンとピーター・フェアバンクスが揃って被弾するなど、若干の懸念点を残した部分もあり、逆にドジャースにとっては、ブルペンの柱とも言える2人からホームランで得点を挙げ、最後まで競った試合にできたところはポジティブな要素となった。

何はともあれ、これでシリーズは五分五分となり、第3戦へ向け熱戦の期待は高まるばかりだが、この第2戦では多くの記録が生まれたことが話題となっている。

J SPORTS 放送情報

前述の通り、ロウはこの試合で復活の狼煙を上げる2本の本塁打を、何れも逆方向へ放った(今季レギュラーシーズンでロウが逆方向へ本塁打を放ったのは皆無だった)。レイズはこれで今季ポストシーズンのチーム本塁打数を合計28本とし、これまで2002年のジャイアンツと、2017年のアストロズが持っていた単一ポストシーズンの最多チーム本塁打数を更新したのである。

このポストシーズンに入り、チーム打率や平均得点の低さが論じられることの多かったレイズだが、本塁打数は歴代最多というのは何とも興味深いところだ。

また、10月のレイズを象徴する存在となっているア・リーグ優勝決定シリーズMVPのランディ・アロザレナは、この第2戦でシリーズ初安打を記録し、今季ポストシーズンの安打数を22として、ヤンキースのデレク・ジーターが1996年にマークした新人としての単一ポストシーズン安打記録に並んだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ