人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年10月21日

初戦の投げ合いはカーショーに軍配。ドジャースvs.レイズ ワールドシリーズ第1戦

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

第1戦はドジャースが先勝

現地20日(日本時間21日)にアーリントンのグローブライフ・フィールドで開幕した2020年ワールドシリーズは、レギュラーシーズン最多勝のドジャースが8-3で初戦を勝利して先手を取った。

◆ワールドシリーズ第1戦 試合結果
TBR | 0 0 0 0 1 0 2 0 0 | 3
LAD | 0 0 0 2 4 2 0 0 X | 8

レイズ先発のタイラー・グラスナウと、ドジャース先発のクレイトン・カーショーの投げ合いで始まった第1戦は、ここ4シーズンで3回目のワールドシリーズ進出となるドジャースが大舞台での経験値の差を遺憾無く発揮。

投球(カーショーが6回2安打1失点8奪三振)、走塁(ムーキー・ベッツが2盗塁)、打撃(ドジャース打線全体で10安打2本塁打)の全てで相手を完全に凌駕する形で白星発進を遂げた。守備面でも、ドジャースはコディ・ベリンジャーがホームラン性の当たりをジャンピングキャッチするなど、随所にインパクトあるプレーを見せた。

なお、カーショーはこれでポストシーズンの通算奪三振数を歴代単独2位の201に伸ばしており、ジャスティン・バーランダーの持つ歴代最多記録のポストシーズン通算205奪三振の更新を視野に入れた。

J SPORTS 放送情報

一方、レイズは先発のグラスナウが今季ポストシーズンで見せてきたレベルのパフォーマンスを発揮できなかったことが、大きな誤算となった。ワールドシリーズ初制覇を目指すチームで大任を務めることとなった右腕は、4回1/3を投げ被安打3で8奪三振と、球威その物に問題はなかったが、与四球6と制球に精彩を欠いた。

特に相手はメジャー随一のチェイスレート(ボール球をスイングする確率)の低さを誇るドジャースとあり、グラスナウにとっては制球が不安定な日に最悪の相手と対戦する恰好となってしまった。

ちなみに、『MLB.com』でレイズを担当するフアン・トリビオ記者が試合後に投稿した記事によると、ワールドシリーズにおける投手1人による6四球以上は、2011年ワールドシリーズ第4戦のエドウィン・ジャクソン以来とのこと。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ