人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年10月21日

初戦の投げ合いはカーショーに軍配。ドジャースvs.レイズ ワールドシリーズ第1戦

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

レイズ打線に関しては8番・中堅で先発出場のケビン・キーアマイヤーが、2点を追う状況でカーショーからソロ弾を放って、一時は1点差にするなど見せ場を作るも、試合後半には準主力級のドジャースブルペンを相手に好機であと一打が出ないなど、初戦は3得点に留まった。

それだけに、第2戦以降も引き続き、如何に投手陣がドジャース打線を抑えてロースコアのゲームに持ち込むかが生命線となりそうだ。

なお、前述の記事によると、これまでMLBのポストシーズンでベスト・オブ・セブン(4戦先勝)のシリーズで第1戦を勝利したチームは、181回中115回(64%)そのシリーズを制覇している。

だが、「レイズにとってポジティブな点は、これまでドジャースはワールドシリーズ初戦で勝った場合のシリーズの成績を2勝4敗としていること」とのこと。

現地21日のワールドシリーズ第2戦では、バウンスバックを期すレイズはブレイク・スネル、2連勝を目指すドジャースはナ・リーグチャンピオンシップ第7戦で登板して、41球を投げた右腕トニー・ゴンソーリンの先発が発表されている。

ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は、試合の流れ如何では右腕のダスティン・メイを2番手以降で起用する可能性も示唆しているだけに、第2戦では筒香嘉智のワールドシリーズデビューも期待したいところだ。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ