人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年10月7日

田中将大、先発。もう1つの注目はスタントンのホームラン記録。ア・リーグ地区シリーズ第3戦

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

サンディエゴのペトコパークを舞台にレイズとヤンキースの間で行われているアメリカン・リーグ地区シリーズは、アーチの応酬となった第2戦をレイズが勝利したことで、1勝1敗のタイでシリーズ第3戦を迎えることとなった。

田中は第3戦の先発

日本のMLBファンにとって、この第3戦の注目ポイントが、前回クリーブランドの過酷な条件のなかで不本意な登板に終わった田中将大のバウンスバックをかけた先発登板と、その田中と筒香嘉智による日本人対決が実現するかどうかであるのは、言うを俟たない。

メジャーリーグ ポストシーズン 地区シリーズ

しかし、もう1つ注目すべきなのは、ジャンカルロ・スタントンのホームラン記録である。シリーズ初戦で満塁弾を放ったスタントンは、ヤンキースが5-7でレイズに敗れたシリーズ第2戦でも2本のホームランを放ったのである。

この試合、スタントンは第1打席で右翼スタンドへ弾丸ライナーで突き刺さる本塁打を放つと、第2打席では天高く舞い上がる推定飛距離458フィート(約139.6メートル)の特大アーチを放ってファンのみならず、現地メディアの度肝を抜いた。

『MLB.com』のマンディ・ベル記者は試合後、「これまで見たこのないスタントンによる2本のホームラン」と題したスタントンの本塁打に焦点を絞った記事を投稿。

ワイルドカードシリーズでも2試合連続でホームランを打っているスタントンは、このシリーズでも2試合連続で柵越えを放っており、目下ポストシーズン4試合連続ホーマーを記録している。

記事によると「ヤンキースの選手として、スタントンはルー・ゲーリッグ(1928-32年)とレジー・ジャクソン(1977-78年)に続く、ポストシーズン4試合連続本塁打を記録した3人目の選手となった」とのこのことで、仮に第3戦でもアーチを描くことができれば、球団記録を更新することになる。

なお、記事によるとスタントンによるポストシーズン4試合連続本塁打は、MLB歴代3位の記録であり、歴代1位は2015年にダニエル・マーフィーが記録したポストシーズン6試合連続本塁打で、2位は2004年にカルロス・ベルトランが記録した5試合連続とのこと。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ