人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年9月29日

筒香嘉智と山口俊の直接対決はあるか?ワイルドカード展望:レイズvs.ブルージェイズ

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

新型コロナウイルス感染拡大で開幕が遅れた2020年のMLBは、60試合に短縮されたレギュラーシーズンが現地28日に終幕を迎え、ポストシーズン進出の16チームが出揃った。

今回は日本時間9月30日(水)午前6:00に開幕するワイルドカードシリーズ、レイズvs.ブルージェイズの展望をお届けする。

筒香のレイズはア・リーグ第1シード

40勝20敗でアメリカン・リーグ東地区を制覇し、第1シードとなったレイズが本拠地トロピカーナ・フィールドに、東地区3位で第8シードのブルージェイズを迎えるこのカードは、ワイルドカードシリーズで唯一、日本人選手による直接対決の可能性があるシリーズとなる。

レギュラーシーズンでは同地区でしのぎを削る相手だが、ポストシーズンで対戦したことはなく、プレーオフのフォーマットが変則的な部分も含め、お互いに未知の領域での対決となる。

なお、今季のレギュラーシーズンでは、レイズが6勝4敗と勝ち越しているものの、得点自体は48対44でブルージェイズが上回っており、両軍のシードの開きがそのままシリーズの勝敗予想に直結し難い状況であると言える。それだけに、レイズが地の利を得たことの意味は大きい。

メジャーリーグ中継2020 ポストシーズン ワイルドカードシリーズ

そんな両者の対戦では、先発ローテンションの順番が大きなカギを握ることになりそうだ。ブルージェイズは既にベテラン右腕のマット・シューメーカーが初戦で先発することを明らかにしており、エースのリュ・ヒョンジン(5勝2敗、防御率2.69)は第2戦で先発マウンドに上がることが決まっている。

一方、レイズはエースのブレイク・スネル(4勝2敗、防御率3.24)が初戦で先発し、第2戦はタイラー・グラスノウが相手エースとの投げ合いに臨むこととなる。

『MLB.com』がこのカードのプレービュー記事で「レイズはピッチングで築かれているチームであり、ブルージェイズを相手に、正にその部分を頼りとすることになる」と論じている通り、ア・リーグ2位の防御率を誇るレイズは投手陣に強みを持っている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ