人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年6月19日

【楽天好き】期待高まる今季のイーグルス

野球好きコラム by 松山 ようこ
  • Line

練習試合は練習試合。それでも、6月の楽天の戦いぶりに「いけるんじゃないか」と期待が高まったファンは多いのではないか。

6月19日に開幕が決定し、準じて設定された6月の練習試合で、楽天は11試合を消化して6勝3敗2分で12球団2位タイ(1位西武、同率2位日本ハム)。勝敗は関係ないとはいえ、強さを感じさせる内容で選手たちの状態の良さが伺えたからだ。

楽天は12球団で、3月30日にどこよりも早く活動休止し、5月8日にどこよりも遅く自主練習を再開。その間、球団施設も閉鎖していたため、選手たちは自宅や公園でトレーニングに励んだという。

J SPORTS STADIUM2020

選手たちの状態やリスタートの出遅れが懸念されるなか、チームは紅白戦もすることなく練習試合に突入。投打で数字を出しながら、数字に出ない細かな連携プレーが光った。

締めくくりも幸先がいい。最終戦となった14日のヤクルト戦では、一番のカギでもある先発に転向した昨季のセーブ王・松井裕樹(写真)が5回4安打2失点と好投した。

打線は主力の銀次や新加入のロメロがタイムリー、そして飛躍が待たれる右の強打者・内田靖人がホームランを放って快勝するなど、活躍すべき選手が内容を示した。

コロナ禍の特殊な環境下でも、ちょっとばかり不利を強いられても、このチームは跳ね返してくれそうな予感がする。

開幕一軍メンバーも決まったが、三木監督は開幕前から「戦力は全員」と一貫して語っている。例年より過密で6連戦がしばらく続く特別スケジュール。ペナントレースのカギとなる、選手のやりくり、采配に早くも注目が集まっている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ