人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年6月19日

【楽天好き】期待高まる今季のイーグルス

野球好きコラム by 松山 ようこ
  • Line

◆島内節炸裂の安心感、ルーキー小深田(写真)とイケメン津留崎にも注目!

この特別スケジュールでは、三木監督の言う「バッテリー中心に守って勝つ」が真価を発揮するのだろう。一方で援護する野手は、粘り強く、時に豪快に得点を奪いたい。

今季も主軸に浅村栄斗、茂木栄五郎、ブラッシュがいて、さらには鈴木大地、ロメロも加わった。打線のつながり、重厚感ともに期待が高まる。また、粘りだけでなく、パンチのあるバッティングもみせる島内宏明も好調そうだ。

14日の練習試合では、島内もタイムリー含めた2安打と活躍。そのタイムリーのコメントが、いつもどおり謎の(?)島内節全開だったのもホッとさせる。

「打ったのはチェンジアップ。内田にバッティングの極意を教えてもらいました。“靖人打法”です」。ホントかどうかは関係ない。

3月のオープン戦でタイムリーを放った時は、「練習前にロメロにバッティングを教えてもらいました。“ロメロ打法”ですね。内容は企業秘密です」。

言葉通りに捉えれば七変化バッターだが、島内はバットが折れるなどして、新しく同じバットを手にしただけでも瞬間で「やりにくい…」と感じるほどの繊細なタイプだそう(本人談)。

だから、きっと“誰打法”だろうと、結果的にワールド炸裂のコメントが出る時は、うまく身体が反応するいい状態なのだと思われる(たぶん…)。

楽しみなルーキーは、ドラフト1位の小深田大翔と同3位の「久米島のヒーロー」津留崎大成が開幕一軍の切符を手にした。小深田は、俊足に鮮やかな守備と献身的なチームバッティングで、大阪ガスを優勝に導いた。

鍛え抜かれた上半身がなせる小さなテイクバックで、力強い球を投じる津留崎にも注目。端正な顔立ちと奢らないナイスガイぶりで、またたく間にファンが増えている。

文/写真:松山ようこ

松山ようこ

松山 ようこ

フリーランス翻訳者・ライター。スポーツやエンターテイメント関連コンテンツの字幕翻訳をはじめ、Webコンテンツ、関連ニュース、企業資料などの翻訳や制作を請け負う。J SPORTSでは、主にMLBや侍ジャパンのほか、2015シーズンより楽天イーグルスを取材し、コラムやインタビュー記事を担当。野球の他にも、幅広くスポーツ選手はじめ著名人を取材。Twitter @yokobooboo

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ