人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年6月12日

田中将大、勝負球のスプリットが復調の兆し

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

日本時間12日(現地11日)、ヤンキースの田中将大は本拠地でのメッツとのダブルヘッダー第1戦に先発登板。

6回2/3を投げ、7安打5失点(自責4)と苦戦するも、打線の援護に助けられ、4試合振りの勝利となる今季4勝目を挙げた。

◆試合結果
NYM|0 0 4 0 0 1 0 0 0|5
NYY|0 1 1 5 2 0 1 2 X|12

J SPORTS 番組情報

  • メジャーリーグ中継2019

    日本人選手先発試合を中心に放送!

  • 新番組がスタート!「MLBイッキ見!」

    「MLBイッキ見!」 メジャーリーグ情報を1週間分まとめてお届けする新番組がスタート。見逃したあの試合、日本人の活躍状況、注目の選手etc…1週間分のMLB情報をイッキに網羅できる!毎週金曜日 午後10時~ J SPORTS 1

地元紙『ニュースデイ』は同日付で電子版に掲載した「タナカは良くなったが絶好調でない」と題した記事で、ブーン監督のコメントを交え、この日の田中のスプリットの出来について次のように言及している。

「タナカのスプリットとスライダーは、彼にとって最も重要な2つの決め球だが、彼は直近の2試合でこの2つの球種で苦戦していた。

彼は直近の先発となった、6月4日のトロント戦で4回まで無失点とするも、5回に4失点を喫したが、うち3点は引っ掛かったスライダーでホームランを打たれたものだった。

アーロン・ブーン監督は、火曜午後の試合で見せたタナカの武器の全てに励まされたが、恐らく最も重要だったのは、彼がもたらした長さだったであろう」。

「あれは大きかった」と、ブーン監督はタナカが7回まで投げたことについて述べた。

「スプリットは良くなったと思うし、正直言ってトロントでもスプリットは良くなっていたと思った。我々は良いスプリットを何球となく見たと思う」。

「最後の回ですら、彼は速球をさらに速め、速球(のレベル)を高めた。それについて彼は良くやったし、引き続きスライダーも彼にとって、右打者にも左打者にもとても良い武器となっている」。

7奪三振無四球とした田中も、スプリットが“ベター”だったことには同意したが、3回の4失点には苛立ちを示した。

4失点してヤンキースが1-4のビハインドとなった3回、田中がジェフ・マクニールから浴びた3ランの一発は、スプリットの初球を打たれたものだった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧