人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年3月22日

ダルビッシュ有、マメで途中降板も今後に支障はなし

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

カブスのダルビッシュ有が、現地19日のオープン戦で今春4度目の登板を果たし、術後最長となる4回2/3を投げるも、マメによるアクシデントで途中降板した。

地元紙『シカゴ・トレビューン』によると、ダルビッシュ本人はマメを気にしていないとのことで、今後のスケジュールに支障は来さない見通しとのことである。以下、同日付で『MLB.com』に掲載されたこの日のダルビッシュの模様を伝えた記事の抜粋である。

「ユウ・ダルビッシュの表情が、火曜のマリナーズ戦で先発しながらも5回にマウンド上で見舞われた懸念を払拭した」。

「右腕は右手の問題で降板するも、フィールドを引き上げるにあたり、カブスの捕手ウィルソン・コントレラスとハグを交わすと、味方選手全員とグータッチをした」。

ダルビッシュは、5回2死でシアトルのジェイク・フレイリーに対し、カウント2-2としたところで降板。カブスによると、原因は右薬指のマメによるもの。

トミー・ホトビー投手コーチ、ジョー・マッドン監督、そしてチームのトレーニングスタッフを交えたマウンド上での話し合いで、指の検査を受けたダルビッシュは、すぐにこの日はそれまでと判断された。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧