人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年3月22日

田中将大、初の開幕戦勝利へ視界良好

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

ヤンキースの田中将大が、この春3度目の先発となった現地14日のフィリーズ戦で3回2/3を投げ、2失点ながらも、強打者ブライス・ハーパーを三振に打ち取るなど、随所に好投を見せた。

自身4度目となる開幕先発で、開幕戦の初勝利を目指す田中と、メジャートップクラスの強打者であるハーパーとの対決は現地でも注目を集め、『MLB.com』は、「大ピンチを切り抜けたタナカはハーパーを沈黙させる」との見出しでこの一戦の顛末を報じた。

田中はハーパーの第1打席を内野ゴロに打ち取り、第2打席はスプリットで三振に切って捨てた。以下、現地14日付で同サイトに掲載された記事の抜粋である。

「無類の強打者であるブライス・ハーパーとの、60フィート6インチを隔てた対戦を享受したマサヒロ・タナカは、スーパースターのスラッガーを2打席連続で打ち取るも、ヤンキースの開幕投手は序盤のピンチ脱出の方がより、自分のためになったと確信している」。

「今春3度目の先発を果たしたタナカは、開幕戦でフィリーズが組むであろう打線を相手に、2回無死満塁のピンチを迎えるも、無失点で切り抜けた。この水曜夜にジョージ・M・スタインブレナー球場で行われたグレープフルーツリーグのニューヨークvs.フィリーズの一戦は5-5に終わっている」。

試合後、タナカは通訳を介して「もちろん、ここでもレギュラーシーズン中でも、ああいう類いの状況は迎えたくないですが、あのようなチャレンジングな局面は時としてやってくるものです」と述べた。

「とにかく集中のレベルを上げることができ、今日のようにアウトを取って無失点で切り抜けられたのは良かったです」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧