人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バドミントン コラム 2019年7月29日

3連戦の最後も注目、バドミントン五輪レースは始まったばかり

バド×レポ by 平野 貴也
  • Line
山口茜、奥原希望
大きな3連戦の半ばを超えた。2020年東京五輪を目指すバドミントンの日本A代表は、28日に閉幕した「ダイハツヨネックスジャパンオープン2019」で、五輪レース最初のヤマ場である3連戦のうち2大会を終えた。

特筆すべき好成績を挙げたのは、女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)だ。インドネシアオープンとジャパンオープンを連続で優勝。30日に更新される世界ランクで1位に返り咲くことが確実になった。今回の2週連続優勝は、2020年東京五輪の出場権争いで大きな意味を持つ。

J SPORTS 番組情報

高橋礼華、松友美佐紀組と松本麻佑、永原和可菜組
バドミントンの東京五輪出場選手は、来年4月28日発表の世界ランクによって決まる。世界ランクは、1年間の成績が反映されるもので、各大会に設定されたポイントの集計によって決まる(獲得ポイントの高い10大会分を対象とする)。当然、グレードやレベルが高く、ハイレベルな選手が多く参加する大会ほど、ポイントは高い。前述のインドネシアオープンは、年間3大会しかないBWF(国際バドミントン連盟)ワールドツアー最高峰のスーパー1000。ジャパンオープンは、その次のレベルであるスーパー750。ともに大きなポイントを獲得できる大会で、2つを制したことは、五輪レースで一歩リードしたことを意味する。

また、日本勢の五輪レースで最も注目を集めているのが、女子ダブルスだ。23日更新の世界ランクで1~3位の3組が日本勢。ただし、東京五輪は同種目で同国からは最大2ペアしか出場できないため、熾烈な争いとなっている。インドネシアオープンでは福島由紀、廣田彩花組(アメリカンベイプ)が優勝。高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が準優勝。ジャパンオープンでは、松本麻佑、永原和可菜組(北都銀行)が準優勝で、高橋、松友組がベスト4に残った。好成績を収めても、ほかの日本のペアも上位成績であれば、大差はつかない。上位に入り続けなければならないタフな戦いとなる。

J SPORTS オンデマンド番組情報

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バドミントンを応援しよう!

バドミントンの放送・配信ページへ