人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年6月3日

次々とアーセナルを去っていった男たち。そして今夏も……

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

彼らの才能に気づき、花開かせたヴェンゲルの慧眼は尊敬に値するものの、もう少しうまく立ちまわってほしかった。とくに中盤と前線は、少なくともプレミアリーグを制覇するだけの陣容は整っていた。

さて、この夏のアーセナルも補強に関してはネガティブなニュースが先行している。ピエール=エメリク・オーバメヤンはバルセロナ移籍を目論み、アレクサンデル・ラカゼットとエクトル・ベジェリンも退団を希望しているという。また、補強費がほとんどなく、夏の市場はフリートランスファーを軸にせざるをえない、との情報まで漏れ伝わってきた。

リクルート部門の責任者を務めるラウール・サンジェイは、バルセロナ在籍時に築いた豊富な人脈に基づき、アーセナルに多大な効果をもたらすといわれていた。しかし、補強の人選が特定のエージェントに限られ、これといった成果をあげていない。

ダビド・ルイスとは1年間の契約延長で合意に至ったようだが、メスト・エジル、ショコドラン・ムスタフィ、ソクラテス・パパスタスプーロスなど、来年6月で契約が切れる選手たちをどのように扱うのか。具体策はまったく聞こえてこない。

新型コロナウイルスの感染拡大により、今夏の移籍市場は各クラブとも控えめに動くが、必要最低限の額は投資する。その動きをみて、アーセナル・サポーターの感情はまたしても怒りと悲しみが渦を巻く。コペルニクス的転回(訳注参照)を待つしかないのか。

【訳注】コペルニクス的転回:見方や考え方などが根本的に変わることの比喩

文:粕谷秀樹

粕谷 秀樹

ワールドサッカーダイジェスト初代編集長。 ヨーロッパ、特にイングランド・フットボールに精通し、WWEもこよなく愛するスポーツジャーナリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ