人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年11月6日

バイエルンが名もなき者を新監督に起用するとは思えない

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
アッレグリ

この人事はなにを意味するのだろうか。ヨーロッパ・フットボール全体に、大きな影響を及ぼすのだろうか。

11月3日、バイエルン・ミュンヘンは、ニコ・コヴァチ監督の退任を発表した。ウリ・ヘーネス会長、カール=ハインツ・ルムメニゲ代表、スポーツディレクターのハサン・サリハミジッチにコヴァチを加えた四者で協議した結果、合意による退任に至ったと表向きには伝えられている。しかし、解雇であることは想像に難くない。コヴァチは就任直後から守備面の不安を解消できなかった。主力との不和も露呈した。

また、ドイツカップのボーフム戦であわや敗北の危機に追い込まれたり、10節のフランクフルト戦で1-5の大恥をさらしたりしたため、コヴァチの印象はさらに悪化したのだろう。傷口が広がる前の処置として、上層部は退任という名目の解雇が適切と判断したと考えられる。

J SPORTS放送情報

さて、多くのメディアが次期監督候補を独自にピックアップしている。

ジョゼ・モウリーニョ? ありえない。本人は「いつの日かブンデスリーガで指揮するため、ドイツ語を学習中だ」と語るが、なにかにつけて権力を欲するこの男を、なにかにつけて権力を振りかざすバイエルン上層部が選択する確率はゼロに等しい。しかもモウリーニョはカネがかかりすぎる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ