人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2022年1月12日

マライア・ベルが25歳の初戴冠「願い続ければ、夢は叶えられるもの」 | 全米フィギュアスケート選手権2022 女子シングル レビュー

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line
マライア・ベル

マライア・ベル

音楽の聖地ナッシュビルに「ハレルヤ」が鳴り響き、アリーナ全体を陶酔させた。伸びやかで、晴れやかで、喜びに満ちた……そんな自らの魅力を最大限に引き出し、そして、マライア・ベルは一番高い場所へとたどり着いた。25歳の初戴冠。9回連続9回目の挑戦にして、念願の全米選手権優勝を果たした。

「ついにナショナルチャンピオンになれて本当に興奮しています。決して完璧ではありませんでしたが、最後まで戦い抜きました。1点1点を獲りにいきました。なにより観客のみなさんの素晴らしい後押しに助けられました」(ベル)

ショートプログラム(SP)は、文字通りクリーンな演技を実現させた。すべてのジャンプで出来栄え点を積み重ね、スピンやステップはことごとくレベル4の評価。2位カレン・チェンをほんの1点差で上回り、生まれて初めてSP全米首位に立った。

本人も語るように、FSは必ずしも思い通りの演技ができたわけではない。冒頭のジャンプコンビネーションは3-3の予定が3-2となった。後半のコンビネーションは予定より2本目の難度を上げて臨んだものの、上手く繋げられず、シークエンス(+SEQ)扱いで減点された。

トータル216.25点は、たしかに優勝者の得点としては、2017年全米以来の低い得点かもしれない。それでも緊張しすぎて、レベルや演技構成点を大きく落とした4年前の失敗を、ベルは2度と繰り返さなかった。自らの長所である瑞々しくポジティヴな感情あふれる表現力も、アメリカ女子の伝統とも言える伸びやかなスパイラルも、美しく「ハレルヤ」を彩った。

最後のジャンプでは着氷と同時に小さなガッツポーズを握りしめ、キス&クライでは喜びの涙が瞳にあふれた。

「年齢なんて関係ありません。それは単なる数字に過ぎませんから。願い続ければ、夢は叶えられるもの」(ベル)

1927年大会に次ぐ史上2番目に年長の全米女子となったベルは、約1ヶ月後には、1928年以来最年長のアメリカ五輪代表女子スケーターとして北京のリンクに上がる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ