人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2021年12月31日

本人曰く「衝撃の」初優勝。18歳のマルク・コンドラチュク「大それた夢の中でさえ、こんな風に終わるなんて考えてもいなかった」 | ロシアフィギュアスケート選手権2022 男子シングル レビュー

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line
マルク・コンドラチュク

マルク・コンドラチュク

実力伯仲の2021/2022ロシア選手権を、18歳のマルク・コンドラチュクが制した。五輪シーズンのストレスに打ち勝ち、好プログラムを2本揃えて、2度目の参戦で見事初優勝を手に入れた。

「18人が18人とも表彰台に乗る可能性を持っていた。もちろん僕もメダル目指して戦った。でも、大それた夢の中でさえ、こんな風に終わるなんて考えてもいなかった」(コンドラチュク)

全参戦選手の実力が拮抗しているからこそ、少しのミスも許されなかった。SP終了後に1位から3位までが2.19差、3位から6位まで1.61点差、3位から8位までも4.86点差という極めて僅差で並んでいた。FSに向かう選手たちのプレッシャーは、とてつもなく大きかったはずだ。

ジャンプを全て軽々と成功させ、表彰台まで0.6点差のSP4位で折り返したアレクセイ・エロホフは、FSでは逆にジャンプ7要素中4つでミスを犯した。4季前のジュニア世界王者は、総合7位に後退。「もっと練習を重ねて、大きなイベント出場を果たしたい」と今後に目を向ける。

SP3位につけたマカール・イグナトフは、1年前の銀メダルを超えるどころか、まさかのFS14位・トータル10位に沈んだ。チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」――五輪でロシア国歌の使用は認めらておらず、ロシア選手の優勝時には同曲が国歌の代わりに会場に流れる――を選び、しかも4回転4本と極めて野心的な構成でFSに挑んだが、冒頭の4回転ループ以外はことごとく苦しんだ。本人の証言によるとスケート靴に不具合があり、着地が安定させられなかったとのこと。パフォーマンス全体に影響が拡大し、他のエレメンツも思うようにレベルが取れなかった。

なにより衝撃的だったのは、SP1位のエフゲニー・セメネンコが、表彰台から転がり落ちてしまったこと。昨季のジュニア国内チャンピオンにして、今季グランプリ・カナダ大会で3位に食い込んだ18歳は、SPでは4回転2本を含むジャンプを全てパワフルに飛びこなした。ところが最終滑走のFSでは冒頭の4回転トーループの転倒に始まり、本来は3−3のコンビネーションが3−2に、さらには3回転アクセルが1回転へ……。決して気持ちを切らすことなく、質の高いステップやスピンで、FS「巨匠とマルガリータ」を最後までドラマチックに演じきったが、結果はトータル4位。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ