人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2021年4月1日

【レビュー:ISU世界フィギュアスケート選手権2021 女子シングル】 ロシアが4回転と3A武器に表彰台を独占 日本は五輪3枠を奪還

フィギュアスケートレポート by 野口 美恵
  • Line

坂本花織(左)、紀平梨花(中)、宮原知子(右)

ストックホルムに吹いたロシア旋風は、あまりにも強烈だった。日本の紀平梨花、坂本花織、宮原知子がいかに表彰台に食い込むかが期待されていたが、ロシア女子の底力は予想以上。日本女子は五輪の最大3枠を確保したものの、来季に向けて多くを学ぶ試合となった。

ロシアの3人は、それぞれ全く異なるドラマを展開した。まず金メダルの最有力候補のアンナ・シェルバコワ(16)にとっては、かつてない重圧との戦いとなる一戦だった。昨季はエテリ・トゥトベリーゼコーチのもとで“3人娘”の1人として、世界の表彰台を席巻。ところが今季、アリョーナ・コストルナヤとアレクサンドラ・トゥルソワは、ロシアの英雄エフゲニー・プルシェンコのもとへ移籍し、唯一残留したシェルバコワが門下の期待を一身に背負うことになってしまったのだ。

アンナ・シェルバコワ

首位で迎えたフリーで、異変があった。鉄壁と思われた冒頭の4回転フリップで転倒。いつもは2本目も4回転フリップにするがとっさに回避し、そのあとの演技は必死にくらいつくような表情で、明らかにいつもの彼女ではなかった。
「私が望んでいたスタートではなく、すべてのエレメンツを戦い抜き、満足いく演技ではありませんでした。でも目標だった1位になり、サポートしてくれた皆さんに感謝しています」

そしてプルシェンコのもとに移籍した「4回転の申し子」トゥルソワは、変革を求められる苦しいシーズン。ショートではトリプルアクセルを回避し、その弱気が影響したのか、彼女にとっては簡単な3回転ルッツでミスが出て、まさかの12位発進となってしまう。しかし本領を発揮したのはフリー。5本の4回転のうち2本を降り、基礎点の高さを生かしてフリー首位、総合217.20点で3位と、9人ごぼう抜きの快進撃をみせた。
「ショートのあと、私の両親は何度も、私の犬や猫を電話越しに見せてくれて励ましてくれましたし、コーチ達皆さんも私が気持ちを取り直せるようサポートしてくれました。4回転を減らそうなんて、どんな事があっても考えませんでした」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ