人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2021年1月20日

【レビュー:全米フィギュアスケート選手権2021 男子シングル】21歳のネイサン・チェンが5連覇達成も飽くなき向上心「まだやるべきことはたくさんあります」

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line
ネイサン・チェン

ネイサン・チェン

1位 ネイサン・チェン SP1位113.92 FS1位208.36 トータル322.28

21歳のネイサン・チェンが、栄光の記録をまたひとつ伸ばした。2017年から続く全米5連覇は、1946〜52年に国内選を独占したディック・バートン以来となる71年ぶりの快挙。この5年間はそもそもアメリカ国内で行われた個人戦(スケートアメリカ、USインターナショナルクラシック)もすべて負け無しで、しかも全米ではショート、フリー共に、1位の座を1度たりとも譲ったことはない。

ただ本人にとっては、この2021年大会は、決して最高の出来ではなかったようだ。

SPでは4回転ルッツ、3回転アクセル、4回転フリップ+3回転トーループをすべて成功させた。ステップシークエンスはまさに映画「デスペラード」のアクションシーンを彷彿とさせる大胆な熱演で、レベル4+GOE満点を得た。それでも「着氷が2回ほど詰まったし、もう少しクリーンに滑りたいと思っていたんです」と、本人は極めて厳しい自己評価を下す。

FS「メタモルフォーシス」では、陰影のあるエレガントな表現力と、5本4種類の4回転の両立を目指した。しかし冒頭の4回転ルッツでステップアウト+手付きのミス。「今日は少し臆病すぎました。エレメンツに挑みかるような感覚がなく、むしろエネルギー温存の方に気持ちが向いていました。これは正しいアプローチではありませんでしたね」と冷静に原因を分析する。ただし気持ちも身体もすぐに立て直したのはさすが。残りのジャンプはすべて問題なく成功させた。

たしかに今全米のFSの得点208.36ptは、チェン自身が2019年グランプリファイナルで記録した歴代最高得点224.92ptを大きく下回る。4ルッツのミスも痛いが、プログラム後半のスピンエレメンツで2つの「V(=足換えや回転数の要件が満たされていなかったとして基礎点の75%のみを適応)」評価を下された影響も、決して小さくはなかったはずだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ