人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2020年2月18日

レビュー:ISU四大陸選手権2020男子シングル

フィギュアスケートレポート by ウェイ・ション
  • Line

羽生結弦が念願の金メダルを手に入れたと同時に、今年の四大陸選手権大会は幕が降りた。男子シングル史上初のスーパースラム達成をはじめ、今大会はダイナミックなジャンプと優雅なスケーティング、新人の活躍とベテランの復帰、感極まる表情と悔し顔…印象的な場面がたくさんあり、とても記憶に残る大会になった。


1位 羽生結弦(日本)

2018年冬季オリンピックで66年ぶりの男子シングル2連覇を達成して以来、羽生結弦はすでにGOAT(グレイテスト・オブ・オール・タイム)と広く呼ばれるようになった。が、今まで取ったことのない四大陸の金メダルを今大会で手に入れたことによって、男子史上初のスーパースラム(ジュニアとシニアの主要国際大会を完全制覇すること)を達成でき、錦上に花を添えた。

この完全制覇に導いたのも、2つの伝説的なプログラムだった。ショートプログラム(SP)は「バラード第1番」。これまでに何度も世界最高得点を記録した名プロだが、羽生はまた自分を超え、またもや言葉に絶するような完璧な演技で記録を更新した。本人はただ「疑問のない演技ができてよかった」と淡々とコメントしたが、いや、フィギュアスケートのパンテオン(万神殿)に入るような、たとえ4シーズン目に入っても厭きることなく見たい、何年経ってもまた見たい素晴らしい演技だった。

フリースケーティング(FS)は「SEIMEI」。演技の前に「いつもと違ったことがあった」と説明し(注:リンクに穴を発見した)、演技に完全に入り込めなかったと話したが、それでも十分素晴らしい演技だった。課題としていた冒頭の4ルッツは残念ながらステップアウトになったが、その後の4サルコウは鮮やかだった。次の3アクセルを完璧に降りた直後に、また3フリップを軽々と跳んで、アクセルに相当の自信がないと絶対に挑めない難しい構成だった。プログラムの後半に入ると、体力の影響か、2本の4トゥループともミスをしてしまったが、最後の3アクセルのコンビネーション・ジャンプとスピン、ステップを見事に実行し、高い技術点を積み重ねた。曲が30秒短くなったが、羽生がこのプログラムに注いだ力と感情は変わらず、音楽が終わった瞬間、それを感じた観客が湧き上がった。言うまでもなく、SP、FS両方とも1位となった羽生はようやく4度目の出場で四大陸の優勝を飾った。

演技後の記者会見で、スーパースラムを達成した王者は、「とりあえずほっとしている」と心境を語り、「やっと取れてよかったなと思います」と達成感に言及した。でもやはりFSの演技は悔しそうで、「自分らしいものになったなと言えるように滑りたいと今思っています」と課題を上げた。この生きる伝説の今後の演技も、とても楽しみだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ