人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2020年2月17日

レビュー:ISU四大陸選手権2020女子シングル

フィギュアスケートレポート by ウェイ・ション
  • Line

近年の女子シングル競技は、間違いなくロシア勢が牽引しているが、今年の四大陸選手権を見て、四大陸女子も先頭に追いつくように正しい方向に走っていると強く感じた。金メダルを取った紀平梨花をはじめ、ヨン・ユと樋口新葉3人も今大会で3アクセルに挑み、さらに坂本花織が4回転に挑戦したことから、技術面の進化が一気に加速したと言えよう。一方、ブレイディ・テネルやイェリム・キムなどの選手は大技がないが、安定したエレメンツと表現力に優れた演技でいい順位につけることもできた。まさに「百華百彩」の大会だった。


1位 紀平梨花(日本)

金メダルに輝いたのは、全日本女王紀平梨花。ディフェンディング・チャンピオンとして迎えた今大会では、自分の代名詞でもある3アクセルに加え、シーズン前半にはケガで回避していた3ルッツをもショートプログラム(SP)とフリースケーティング(FS)両方に入れることで、出場した全選手の中で最高難度のジャンプ構成に挑んだ。SPでは、3つのジャンプを全部鮮やかに決め、好調子を示した。FSでは、1つ目の3アクセルでパンクして1回転になったが、その後驚異のリカバリー力を発揮し、臨機応変にプログラム後半に3-3の連続ジャンプを2つも入れて、基礎点を最大限に上げた。結果、大きなミスが1つあっても一番高い技術点を叩き出し、圧倒的な優勢で男女通じて初となる四大陸選手権連覇を果たした。

演技後、紀平自身も「1つ目のアクセルがシングルになってしまって、すごく焦りがあったけど、後半のリカバリーで大幅に構成を変更して、それがうまくいったのが収穫だったなと思います」とそのリカバリー力をポジティブに捉えた。

しかし、彼女を連覇に導いたのは決して技術力だけではなかった。今シーズンのプログラムの使用曲、SPの「Breakfast in Baghdad」もFSの「International Angel of Peace」も、フィギュアスケートにおいては非常に珍しい選曲で、エキゾチックで独特な味がする簡単には表現ではない曲だ。しかし紀平は音楽の抑揚に合わせて、正確なステップを踏みながら上半身を大幅に動かして、ユニークな振り付けと曲に入り込んだような表情で独特な世界観を作り出した。特に、2つのプログラムのステップシークエンスとも、技術的にレベル4の条件を満たしただけでなく、1つ1つの動きが音を捉えて、音楽と滑りが一体になった。本当に素晴らしい表現力だった。

2位 ヨン・ユ(韓国)

銀メダルを獲得したのは地元の新星、ヨン・ユ。先月ユースオリンピックに出場し、見事に優勝したばかりのユは、今大会に臨んで「正直少し疲れた」と感じながらも、「地元開催なので、観客から熱い応援を送っていただき、本当に力になった」と話した。まさにそのとおり、彼女の演技にはまったく疲れが見られず、むしろスピード感があり、とてもパワフルで印象的だった。

SPの「ロミオ・アンド・ジュリエット」では、冒頭に3アクセルに挑んでステップアウトになったが、残りのエレメンツをうまくまとめて3位についた。FSではまた3アクセルに挑戦し、今度は見事に成功した。その後、後半の3フリップ以外、他のジャンプをすべてきれいに着氷させ、紀平に肉薄する技術点を叩き出した。そして、ミュージカル「エビータ」のメドレーに合わせ、バラード曲のときは滑らかなスケーティングを見せ、ダンス曲のときは軽快に体を動かすなど、エビータの物語をうまく表現した。その結果、演技構成点も8点台後半の高い評価をもらい、FSで2位につき、総合順位も2位に浮上した。

演技後、ユは「地元開催の大会で、正直プレッシャーを少し感じましたが、銀メダルを獲得できてうれしいです」と心境を語り、さらに表彰式で憧れていたキム・ヨナに記念品を渡してもらったエピソードについても「ヨナに次いで(ISU選手権大会で)メダルを獲得なんて、光栄に思います。憧れていた選手に(大会の)マスコットを渡していただき、本当に嬉しかった」と笑顔で話した。この15歳の新星には、今後も注目していきたい。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ