人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2020年1月23日

全米フィギュアスケート選手権2020 ペアのみどころ

フィギュアスケートレポート by ウェイ・ション
  • Line

まもなく全米フィギュアスケート選手権が開催される。最初に幕を開けるのは、ペアスケーティングの試合だ。ロシアや中国、そして隣のカナダと比べて、アメリカはまだペア大国とは言いがたいが、選手たちが近年着実に国際大会で実績を重ね、世界のトップレベルに近づいてきた。

去年の世界選手権でアシュリー・ケイン=グリベル/ティモシー・ルデュク組の健闘により、今年の出場枠が2つに増えた。それにしても、過去4シーズンの全米を優勝したのは、なんとそれぞれ違う4組で、しかも4組とも今大会に出場するので、王者の座だけでなく、世界選手権への出場権を巡って熾烈な戦いが展開されるに違いない。

去年の全米大会で初めて戴冠したケイン=グリベル/ルデュク組は、今シーズンも上昇傾向を見せ、チャレンジャー・シリーズのUSインターナショナル・クラシック及びゴールデン・スピン2大会とも金メダルを収め、実績を残している。結成四年目に入った今シーズン、二人はペア・エレメンツの完成度やユニゾンを改善しただけでなく、ペアとしての一体感が増し、表現力をも向上させた。力強いショートプログラムも、映画「ムーンライト」のサウンドトラックに基づくストーリー性が高いフリースケーティングも必見だ。



J SPORTS 番組情報

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ