人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2019年12月20日

【プレビュー:ロシアフィギュアスケート選手権2020 女子シングル】フィギュアスケート界を席巻する新しい波。世界最高峰の戦いが幕を開ける

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line
ロシアフィギュアスケート選手権2020 女子シングル

新しい波がフィギュアスケート界を席巻している。今季シニアに転向したばかりのロシアのティーンエージャー3人は、女子シングルのスタンダードを一気に塗り替えた。2019年12月27日・28日に開催されるロシアナショナルでは、間違いなく、彼女たちが世界最高峰の戦いを繰り広げる。

もちろん3人とは、2019/20シーズンのISUグランプリシリーズをそれぞれ2つずつ勝ち取り、GPファイナルの表彰台を独占したエテリ・トゥトベリーゼ門下生にほかならない。上からアリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワ、そしてアレクサンドラ・トゥルソワだ。ファンにとっては嬉しいことに、3人の切り札や魅力はそれぞれに異なる。簡潔に言えばコストルナヤは3回転アクセルを跳び、シェルバコワは4回転ルッツをフリースケーティングで2本入れ、そしてトゥルソワは4種類もの4回転ジャンプを持つ。

今季の初戦フィンランディア杯で初めて3Aを成功させたばかりだというのに、2ヵ月後のGPファイナルでは、コストルナヤは完璧な3Aを計3本も組み込んだ(SP1本、FS2本)。16歳のGPファイナル覇者は、1つ年下のシェルバコワやトゥルソワと違って4回転こそ跳ばないが、そもそも女子は規則によりSPに4回転を組み込むことはできない。つまりコストルナヤのダイナミックで完成度の高い3Aは、今季出場した4つの大会でSPを全て首位で折り返したように、今回のロシアナショナルでもSPで大幅リードを稼ぐのに極めて有効だ。

J SPORTS 放送・配信情報

コストルナヤの魅力は、ジャンプだけに留まらない。GPファイナルで世界歴代最高のトータル247.59点を叩き出した理由は、むしろプログラムコンポーネンツスコア(PCS)の高さにある。なにしろ直接対決となったグランプリファイナルでは、PCSだけでシェルバコワを約5.5点、トゥルソワを10点以上も上回った。滑らかなスケーティング技術と成熟した表現力が、クールビューティーな顔立ちや均衡の取れた肢体とあいまって..見る者を美の世界へと引き込む。エレメントの合間は難しいつなぎで飾られ、それでいて流れは決して途切れない。

技術力と表現力の完璧なる調和を実現させ、世界中のフィギュアスケート関係者たちに早くも「女王」と呼ばれるコストルナヤに対して、15歳のシェルバコワやトゥルソワにとっては、現時点では4回転ジャンプこそが最大の武器だ。しかし、この武器は、シーズン中にも着実にグレードアップを続けている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ