人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2019年3月29日

ISU世界フィギュアスケート選手権大会 ペアレビュー

フィギュアスケートレポート by ウェイ・ション
  • Line


Text by ウェイ・ション

スケートファンの間では、選手が届けた最高の演技をよく「神演技」と呼ぶ。だとすると、今年の世界選手権のペア大会は、もはやフィギュアスケートの「万神殿」に入れるような「神大会」ではないだろうか。そして、もしこのような万神殿が本当に存在するのであれば、今大会優勝を飾ったウェンジン・スイ/ツォン・ハン組が披露したフリープログラム「Rain, In Your Black Eyes」は、きっと神殿の一番中央に置かれ、スケートファンに永く祀られ続けるであろう。

そんなふうに主観的に思ったが、演技が終わる前にすでに始まったスタンディングオベーション、そして得点が出るまでに続いた拍手の嵐を見ると、この演技は客観的に考えてもやはり歴史に残る珠玉の名作だ。このような演技に対して、エレメンツの難易度や出来栄えの良さを解説するのはもはや無用。なので、ここで語らせていただきたいのは、なぜこの演技が他の神演技のさらなる上にあるのか。

今大会優勝を飾ったウェンジン・スイ/ツォン・ハン組



筆者から見ると、最大の違いは、演技の最初から最後まで空白の時間がなく、美しい振付が気づかれないうちに一個一個のエレメンツを巧妙に繋いだ一気呵成感と、このような繋ぎを完璧に実行できる2人の高い技術力だ。例えば、3サルコウのスロージャンプを完璧に着氷した後、スイはほぼ20秒間フリーレッグを下げたことがなく、そのまま流れに沿ってエッジを2回変え、そして片足でステップを踏んでから、次のデススパイラルに入った。おそらく、振付師のローリー・ニコルがこの繋ぎを考案した時、ローリーは2人が絶対にスロージャンプをきれいに決めて着氷で流れを作れる、そしてスイは絶対に着氷した足をコントロールできると確信していたのであろう。そして、オープニングの驚異のリフトを始め、演技のところどころでペアスケーティングの必須エレメンツではない(つまり体力が求められるが得点にならない)ダンスリフトやステップが入っていて、あまりにもの美しさに観客は何度も拍手を送った。芸術性と技術力をともに極めたこのプログラムを完璧に滑ったスイ/ハン組は、世界最高得点や金メダルを獲得したのはもちろん、フィギュアスケートの歴史をも刻んだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧