人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2019年3月19日

世界フィギュアスケート選手権大会 男子シングルの見どころ

フィギュアスケートレポート by ウェイ・ション
  • Line

Text by ウェイ・ション

スケートファンは待っていた。男子シングルの「頂上対決」を。五輪シーズンが終わり、ルールが大きく変更されてから、男子シングルの大会でこんなにもトップ選手の顔が揃うのは初めてだ。新しいルールの下でも勝利の鍵はやはり「4回転」だが、エントリーした選手たちの演技構成予定表を見ると、ショートプログラムに2度、フリープログラムに3~4度の4回転を入れるのはほぼ定則になっており、出来栄え点(GOE)の幅が大きくなった現在のルールを考えると、最後の決め手となるのはおそらく4回転の「質」と、ジャンプとパフォーマンスの一体感であろう。

三つ巴の戦い

何が起こるのかが全く予想できない男子シングル競技だが、エントリーした選手の構成予定、これまでの実績、及びシーズンベストを考えると、金メダルを巡る争いは五輪王者羽生結弦、四大陸王者宇野昌磨、そしてディフェンディングチャンピオンのネイサン・チェン、この三人の間に展開されるであろう。

羽生結弦選手

羽生結弦選手

ケガでグランプリファイナルを辞退してから、 羽生結弦はすでに4ヶ月間試合に出場していなかった。それでも、彼が持っているショートプログラムとトータルスコアの世界記録は、この4ヶ月間の公式大会で塗り替えられたことがない。それほどの高得点だった。今大会に臨んで、ケガをした足首の回復具合が懸念されていたが、本人は「大丈夫」と発言しており安心できるようだ。グランプリシリーズで見せたような実力を出せれば、今シーズンだけで2回も超高得点を叩き出したショートプログラムで絶対的な優勢を占められそうだ。フリープログラムは4トゥーループ-3アクセルの連続ジャンプを含め4つの4回転を入れる予定で、自信を示している。シーズン前半の大会で、プログラムについて「まだ完成形じゃない」と語った五輪王者は、果たしてどんな演技を見せてくれるのか、本当に楽しみだ。

宇野昌磨選手

宇野昌磨選手

先月、ISU選手権大会でようやく念願の金メダルを手に入れた 宇野昌磨も、一時期ケガで大会を欠場したことがあり足の具合が懸念されていたが、今大会初日の公式練習では「優勝したい」と、自信と意気込みを見せた。練習では封印していた4サルコウをも含め、4回転を問題なく着氷しているので、実力を出し切れば自身が持つフリープログラムの世界最高得点を更新する可能性もある。問題は、今シーズンのグランプリシリーズでなかなか完璧に決められなかったショートプログラムだ。今のところ4回転を1つしか予定していないが、保守的な路線を取ってできる最高の演技をするか、ライバルと差が開かないよう、2つに変えて攻めていくか、観るものをワクワクさせる。

ネイサン・チェン選手

ネイサン・チェン選手

今年の全米大会で圧巻の演技を2つ揃え、非公式ながらも驚異の342点を叩き出したネイサン・チェンは、学業のため自国開催の四大陸選手権に出なかったが、公式練習での様子を見ると好調子を保っているようだ。今大会では合計3種類6本の4回転をプログラムに入れる予定で、全米で見せたような演技がもう一度できれば、得点のポテンシャルは計り知れない。また、スケートだけに専念するではなく、名門大学で気を緩めることなく日々勉強に励んでいる経験が、却って彼のスケート、特に試合に臨む心境と表現面でどんな影響をもたらしているのか見てみたい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧