人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2019年2月1日

第39回全国中学校スケート大会 女子シングルプレビュー

フィギュアスケートレポート by 中村康一(Image Works)
  • Line
長縄和奏選手(ながなわ・わかな)

長縄和奏選手(ながなわ・わかな)

女子は混戦だ。当日の出来栄え次第で大きく順位が入れ替わることだろうが、ここ最近の充実振りから、長縄和奏を優勝候補として挙げたい。 全日本ジュニア選手権では中学生で最上位の6位となり、推薦出場した全日本選手権でも素晴らしい演技を披露した。
以前より豪快なジャンプが魅力の選手であったが、ショート、フリーを揃えて安定した演技をする試合が少なく、なかなか優勝争いに絡めなかった印象だ。全日本ジュニアでは多くの記者に囲まれ、「こんなに取材をされたのは初めて」と言っていたほど、それまではあまり注目されていなかった。この全国中学校大会での優勝をきっかけに、来季は国際舞台でも活躍してもらいたいものだ。

住吉りをん選手

住吉りをん選手

対抗は住吉りをん。ここ最近、万全の演技ができていないが、もちろんこの大会では優勝候補の一角だ。

満足の行く演技ができなかった全日本ジュニアでは試合後、「練習通りの演技ができなかった」と悔しさを露わにしていたが、 ジュニアグランプリで活躍するなど、今大会のメンバー中、実績ではナンバーワンの存在だ。今季は高難度のプログラムに挑戦したショートで苦労している印象があるが、ショートをノーミスで乗り切れば優勝も見えてくるだろう。


岩野桃亜(いわの・もあ)選手

岩野桃亜(いわの・もあ)選手

岩野桃亜は一時の不調を脱した印象だ。まだ回転不足癖が残ってはいるが、昨シーズンに比べて大きく進歩したと言える。


  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧